天使と悪魔(下) 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2013年10月18日
商品形態:
電子書籍

天使と悪魔(下)

  • 著者 ダン・ブラウン
  • 訳者 越前 敏弥
発売日:
2013年10月18日
商品形態:
電子書籍

物語は驚天動地のラストへ!衝撃のNo1ベストセラー!

ラングドンの懸命の努力も虚しく、教皇候補たちはイルミナティを名乗るテロリストの犠牲となりつつあった。反物質の行方も依然として不明。さらにテロリストの魔の手は、殺害された科学者の娘ヴィットリアにまで迫ろうとしていた。果たしてラングドンに勝機はあるのか──。ついに明らかになるイルミナティの真の目的と、その首謀者。宗教と科学の対立を壮大なスケールで描くタイムリミット・サスペンス、衝撃の結末!!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「天使と悪魔(下)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 下巻は、さらにアクションだけでなく宗教と科学の意義について、教皇の代理が延々と語る場面があってその部分が秀逸。最後にもまた科学と宗教について議論が起こる。 さんざんエログロやった挙句、最後にとってつけ 下巻は、さらにアクションだけでなく宗教と科学の意義について、教皇の代理が延々と語る場面があってその部分が秀逸。最後にもまた科学と宗教について議論が起こる。 さんざんエログロやった挙句、最後にとってつけたように殺人犯が社会問題を語る凡百のミステリーの類とは違う。科学と宗教というとどうしてもガリレオの話になる。科学史を学ぶとそれは違うだろと言いたい部分もあるが…でも読後感は爽快だった。 …続きを読む
    absinthe
    2015年10月29日
    210人がナイス!しています
  • 科学は神の存在を否定?ラングドンの超人的活躍、遂に完結!セルンのコーラー所長もバチカンへ向かう。その目的は?土、火、空気、水のキーワードを追うラングドン。次々に人が死ぬ。前教皇は毒殺?規則で認められな 科学は神の存在を否定?ラングドンの超人的活躍、遂に完結!セルンのコーラー所長もバチカンへ向かう。その目的は?土、火、空気、水のキーワードを追うラングドン。次々に人が死ぬ。前教皇は毒殺?規則で認められない教皇の検死を行うことに。反物質の対消滅はタイムリミットが迫る!この展開はドラマ「24」を連想した。結末は予想が難しいはず。再読だが、残り100ページでのさらなる展開には驚かされる。シリーズを続けて再読かと思ったが今は満腹。作中のアンビグラムはジョン・ラングドンが作成。主人公の名前はここから採用された。 …続きを読む
    zero1
    2019年06月16日
    162人がナイス!しています
  • ミステリーとしては面白かったですが、イルミナティも気になっていて途中から作者が好きなように扱っていたのがとても気になりました。今回は作者の手法にまんまと踊らされた感じです。それにしてもダン・ブラウンの ミステリーとしては面白かったですが、イルミナティも気になっていて途中から作者が好きなように扱っていたのがとても気になりました。今回は作者の手法にまんまと踊らされた感じです。それにしてもダン・ブラウンの本を読むと神様に対する信仰が無くなるように上手く作られている気がします。ダン・ブラウンについてもっと知りたくなりました。これはダ・ビンチ・コードでも感じたことですが…。ラングドンのことをもっと知りたいのでダ・ビンチ・コードを再読することにします。犯人は怪しいと感じていた人物の一人でしたが…。 …続きを読む
    mariya926
    2020年02月26日
    129人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品