海戦からみた日露戦争 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2012年05月17日
商品形態:
電子書籍

海戦からみた日露戦争

  • 著者 戸高 一成
発売日:
2012年05月17日
商品形態:
電子書籍

近代日本の命運を決めた日本海海戦――。戦史から消された最高機密兵器の正体、そして、本当は不発に終わっていた「丁字戦法」の真相とは?

「坂の上の雲」で注目される日本海海戦。何がその戦局を分けたのか? 丁字戦法や東郷ターンの陰で公式戦史から消された勝利の真因を、豊富な写真・海戦図とともに解き明かす。日本海軍史の第一人者が描く、単純化された「英雄譚」とは一味違うダイナミックな海軍史!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「海戦からみた日露戦争」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 本日2月10日は1904(明治37)年日露戦争開戦の日。日清戦争後三国干渉で遼東半島に進出し満州に居座るロシアとの戦争に至る状況と、ロシアの南下を警戒する英国が1902年日英同盟を結び、日本の海軍軍事 本日2月10日は1904(明治37)年日露戦争開戦の日。日清戦争後三国干渉で遼東半島に進出し満州に居座るロシアとの戦争に至る状況と、ロシアの南下を警戒する英国が1902年日英同盟を結び、日本の海軍軍事力の増強に至る。バルチック艦隊との日本海海戦の勝利が、秋山の丁字作戦と東郷ターンが勝因というのは後付けのドラマに過ぎないことを資料から明らかにする。完全勝利の要因は、艦隊速力の優速と砲戦術力の優越で、英国からの最新鋭の技術と不断の演習の賜物である。それにしても日本の明治時代とは本当に驚異的な発展を遂げた時代だ …続きを読む
    アキ
    2021年02月10日
    73人がナイス!しています
  • 司馬先生が、司馬史観と言われたくない。俺は小説書いてるんだって、言ってた。半藤・戸髙先生コンビに反論しようと思ったら、これ、無理だわ。彼ら、一次資料にしか、興味ないもん。小説、何冊読もうが話になりませ 司馬先生が、司馬史観と言われたくない。俺は小説書いてるんだって、言ってた。半藤・戸髙先生コンビに反論しようと思ったら、これ、無理だわ。彼ら、一次資料にしか、興味ないもん。小説、何冊読もうが話になりません。☆5.0 …続きを読む
    jack
    2016年03月01日
    4人がナイス!しています
  • 優。著者の描く日本海海戦は、丁字戦法が旅順艦隊との黄海海戦による実証によって机上の戦術であることが判明。次いで連携機雷による奇襲隊による先制攻撃に活路を見出すも、海戦当日荒天により断念。結果、錬度の高 優。著者の描く日本海海戦は、丁字戦法が旅順艦隊との黄海海戦による実証によって机上の戦術であることが判明。次いで連携機雷による奇襲隊による先制攻撃に活路を見出すも、海戦当日荒天により断念。結果、錬度の高い兵員と下瀬火薬等の装備の優秀さ、という常識的なものが勝利の原因であった。東郷ターンも偶然なら、丁字戦法が勝因というのも伝説に過ぎない、という。そして、著者は小笠原の作った幻影が日本海軍をして無敵艦隊の誇大妄想にとらえさせ、昭和20年の消滅にいたったのではないかと指摘する。 …続きを読む
    nagoyan
    2010年12月21日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品