イチゴミルク ビターデイズ 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2011年09月22日
商品形態:
電子書籍

イチゴミルク ビターデイズ

  • 区分表記なし 壁井 ユカコ
発売日:
2011年09月22日
商品形態:
電子書籍

三千万の札束と紫色のちっちゃい下着をつめて、あの子が部屋にやってきた。

現金3千万円と紫色のちっちゃな下着をトランクに詰めて、高校時代の親友・鞠子が部屋に転がり込んできた。「人を殺したの」と言って……。その日から、普通のOL千種の悪夢が始まる、と思いきや?! 腐れ縁の元カレ・都丸も巻き込んで、3人の過去に一体何があったのか。幼くも一途な恋、将来への期待と不安、そして奇妙な友情。17歳の過去と24歳の現在を交錯させながら描く、異色の青春ストーリー!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「イチゴミルク ビターデイズ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 24歳の千種は、高校時代から腐れ縁の、都丸とくっついたり離れたりしながら、東京で生活しています。こんな微妙な関係が長く続かないのは分かっているけど、それでもダラダラとこの生活を続けてしまう千種。昔の「 24歳の千種は、高校時代から腐れ縁の、都丸とくっついたり離れたりしながら、東京で生活しています。こんな微妙な関係が長く続かないのは分かっているけど、それでもダラダラとこの生活を続けてしまう千種。昔の「イチゴミルク」みたいな甘い恋が出来なくなった自分は、もう大人になってしまったのです。それが分かっているはずなのに、社内の京本さんからのプロポーズを断ってしまう千種。そんな、今の生活に依存してしまい、抜け出す事ができない彼女の気持ちに共感できてしまう自分がいました。「大人」になることは、想像以上に難しいです…。 …続きを読む
    ゆかーん
    2016年12月10日
    57人がナイス!しています
  • 連休はマッタリと実家で過ごし、独り暮らしをしている東京へと戻る途中、フト思い立って卒業した高校を訪れることにしました。そこで彼女は高校時代の友人を見かけ・・。以前メディアワークスから出版されたものに訂 連休はマッタリと実家で過ごし、独り暮らしをしている東京へと戻る途中、フト思い立って卒業した高校を訪れることにしました。そこで彼女は高校時代の友人を見かけ・・。以前メディアワークスから出版されたものに訂正を加え文庫化したものです。腐れ縁とはまさにこの事を言うのだなと思いました。彼女の将来を考えれば彼女の決断は最良だったとは思えませんが、そこはやはり惚れた弱みってヤツなんでしょうね。24歳の現在と17歳の時とが交互に描かれていくのですが、17歳の時の話が良かったです。★★★( …続きを読む
    うしこ@灯れ松明の火(文庫フリークさんに賛同)
    2013年11月28日
    47人がナイス!しています
  • 表現出来ないけど何となくこの雰囲気が好きです。最初はちょっと不思議な話かと思ったけど青春でした。このタイトルもすごく合っていて好きです。離れても自然に近づいている関係。 「イ 表現出来ないけど何となくこの雰囲気が好きです。最初はちょっと不思議な話かと思ったけど青春でした。このタイトルもすごく合っていて好きです。離れても自然に近づいている関係。 「イチゴミルクの人工的な甘さは麻薬みたいに癖になる。けれどその甘さに一度冷めてしまうともう甘すぎて飲めなくなってしまう。」 …続きを読む
    アズマ
    2018年12月16日
    27人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品