• 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
512
ISBN:
9784041002391

  • 著者 内田 康夫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
512
ISBN:
9784041002391

「鐘」が結ぶ意外な事件の線とは――

浅見家の菩提寺、聖林寺の不気味な鐘の音が夜中に鳴り響いた。翌日、その鐘から血が滴っていたと判明し、隅田川で鐘の紋様痕を付けた男の他殺体が発見される。不可解な謎に秘められた人間の愛憎に浅見光彦が挑む!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「鐘」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 浅見光彦シリーズ。正に鐘、カネ、金…今回もきれいにスッキリ解決&いつもの美女とのロマンス未遂(笑)楽しませてもらいました! 浅見光彦シリーズ。正に鐘、カネ、金…今回もきれいにスッキリ解決&いつもの美女とのロマンス未遂(笑)楽しませてもらいました!
    Taka
    2018年06月05日
    51人がナイス!しています
  • 自殺者が残した遺書めいた便箋にあった「カネ」という単語から浅見の探索により「梵鐘」へとつながり、過去の自殺事件とも紐づいていく。高松・尾道・富山を巡るサスペンス。今作では富山県高岡市が全国の梵鐘の80 自殺者が残した遺書めいた便箋にあった「カネ」という単語から浅見の探索により「梵鐘」へとつながり、過去の自殺事件とも紐づいていく。高松・尾道・富山を巡るサスペンス。今作では富山県高岡市が全国の梵鐘の80%以上を作っていることが新しい知識となった。 …続きを読む
    ドナルド@灯れ松明の火
    2014年07月02日
    13人がナイス!しています
  • 浅見光彦シリーズ,2作品目。それにしても話が出来すぎている感がしてならない。でもいろんな観光名所が出てきて,これは確かにテレビの二時間スペクタクルドラマにふさわしいなあと思った次第。 浅見光彦シリーズ,2作品目。それにしても話が出来すぎている感がしてならない。でもいろんな観光名所が出てきて,これは確かにテレビの二時間スペクタクルドラマにふさわしいなあと思った次第。
    fukky
    2016年03月30日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品