利権聖域 ロロ・ジョングランの歌声

2009年 第1回 城山三郎経済小説大賞

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041002339

2009年 第1回 城山三郎経済小説大賞

利権聖域 ロロ・ジョングランの歌声

  • 著者 松村 美香
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041002339

国際援助の美名の裏に蠢く利権と欲望! 城山三郎経済小説大賞受賞作。

かつて東ティモール暴動で落命した従兄、稔の影を追い、中部ジャワ地震の取材に赴いた週刊誌記者の菜々美は、海外援助の現場でその表と裏に直面する。稔の死に疑惑も浮上し……城山三郎経済小説大賞受賞作!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「利権聖域 ロロ・ジョングランの歌声」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 悪くないとは思うんだが、なんだか恋愛方面に力入れすぎ。経済小説とはあまり思えない・・ 悪くないとは思うんだが、なんだか恋愛方面に力入れすぎ。経済小説とはあまり思えない・・
    ラブミーテンダー
    2016年09月14日
    0人がナイス!しています
  • ちょっと強引なお話の展開。。。。でもODAや人道支援を引いた視点で理解する入り口としては読みやすいかな。 ちょっと強引なお話の展開。。。。でもODAや人道支援を引いた視点で理解する入り口としては読みやすいかな。
    Yoshiyuki Mizouchi
    2015年04月17日
    0人がナイス!しています
  • ODAが主題と言う経済小説の中でも珍しいタイプの作品。 ただ、主人公を取り巻く偶然はやり過ぎだろ的な感じもする ODAが主題と言う経済小説の中でも珍しいタイプの作品。 ただ、主人公を取り巻く偶然はやり過ぎだろ的な感じもする
    スライサー
    2014年09月18日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品