試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年04月23日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
248
ISBN:
9784047035058

新島八重 愛と闘いの生涯

  • 著者 吉海 直人
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年04月23日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
248
ISBN:
9784047035058

新発見の史料を活かして綴る、「新島八重伝」の決定版。

新島襄の妻・八重。女性でありながら戊辰戦争に参加、日清・日露戦争で篤志看護婦を務め、「日本のナイチンゲール」と称賛された。著者発見の新史料を活かし、エピソードで綴る、新島八重伝の決定版。

〈目次〉
はじめに

第一章 八重の生涯
  初期 幕末のジャンヌ・ダルクあるいは会津の巴御前──会津若松時代
   コラム1 什のおきて
  中期 ハンサム・ウーマンあるいはクリスチャン・レディ──新島襄との夫婦時代
   コラム2 徳富蘆花の見た八重
   コラム3 八重は警察官
  後期 日本のナイチンゲール 会津魂再び──未亡人時代
   コラム4 新島の名前について

第二章 八重をめぐるエピソード
  1 八重と「板かるた」
  2 「明日の夜は」の歌をめぐって
   コラム5 八重は「荒城の月」のモデル?
  3 八重歌集抄
  4 前夫・川崎尚之助の新事実
  5 偉大な兄・山本覚馬
  6 日向ユキとの交流
  7 やんちゃな満坊──教科書に載った新島夫妻
  8 大久保真次郎・久布白落実の見た新島夫妻
  9 八重と裏千家茶道

第三章 懐古談
  1 男装して會津城に入りたる當時の苦心──懐古談一
  2 家庭の人としての新島襄先生の平生──懐古談二
  3 新島八重子刀自の談片──懐古談三
  4 新島八重子刀自懐古談──懐古談四
  5 懐古談集成──懐古談五
   コラム6 同志社は方言の寄り合い所帯
   コラム7 八重のお雛様と対面!
   コラム8 八重を演じた女優

参考文献一覧

図版所蔵・出典一覧

おわりに

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「新島八重 愛と闘いの生涯」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 略歴と2、3のエピソードのみ読みました。旧仮名使いの言葉や短歌についてある程度興味がないとつらいかも。ただ当時の感覚で旦那を「ジョー」と呼べるのは相当なセンスの持ち主だと思います。来年綾瀬はるかさんは 略歴と2、3のエピソードのみ読みました。旧仮名使いの言葉や短歌についてある程度興味がないとつらいかも。ただ当時の感覚で旦那を「ジョー」と呼べるのは相当なセンスの持ち主だと思います。来年綾瀬はるかさんはどう演じるか楽しみです。 …続きを読む
    えちぜんや よーた
    2012年07月19日
    16人がナイス!しています
  • 新島襄さんと八重さんと日本の歴史とどう関わってるのか知りたくて読んでみました。大河ドラマではどのようになるのか?確か大好きな吉川晃司がでてるはず^^ 新島襄さんと八重さんと日本の歴史とどう関わってるのか知りたくて読んでみました。大河ドラマではどのようになるのか?確か大好きな吉川晃司がでてるはず^^
    ぶ~まっくす
    2012年10月12日
    2人がナイス!しています
  • 大河ドラマ『八重の桜』のヒロイン・新島八重が気になって読んでみた。なぜこの女性が、今までスポットライトを当てなかったのか、不思議でならないくらい、かっこよくたおやかである。闘う女性と慈しむ女性。夫・新 大河ドラマ『八重の桜』のヒロイン・新島八重が気になって読んでみた。なぜこの女性が、今までスポットライトを当てなかったのか、不思議でならないくらい、かっこよくたおやかである。闘う女性と慈しむ女性。夫・新島襄との破天荒ながら幸せに愛した日々。本書は、新島八重入門書としても、とても親切に書かれている。本書を読むと、やっぱり八重役は綾瀬はるかがぴったりではないかと思っている。 …続きを読む
    どら猫さとっち
    2013年01月31日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品