政府は必ず嘘をつく アメリカの「失われた10年」が私たちに警告すること 角川SSC新書

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年02月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
228
ISBN:
9784047315709

政府は必ず嘘をつく アメリカの「失われた10年」が私たちに警告すること 角川SSC新書

  • 著者 堤 未果
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年02月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
228
ISBN:
9784047315709

9・11後のアメリカの貧困格差が3・11後の日本に押し寄せると警鐘を鳴

9・11以降、貧困化が加速するアメリカの惨状に、3・11後の日本が酷似している。「ショック・ドクトリン」により格差が進んだアメリカを検証しながら、悪い情報は隠ぺいされる中、いかに真実に近づけるのかを追


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「政府は必ず嘘をつく アメリカの「失われた10年」が私たちに警告すること 角川SSC新書」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「社会主義」と「資本主義」という二人の番長が睨み合っていた時代は、まだどちらにもそれなりに控えめなところがあった。でも、番長「社会主義」が退場した今、番長「資本主義」のやりたい放題! 「グローバリズム 「社会主義」と「資本主義」という二人の番長が睨み合っていた時代は、まだどちらにもそれなりに控えめなところがあった。でも、番長「社会主義」が退場した今、番長「資本主義」のやりたい放題! 「グローバリズム」と「コーポラティズム」-9.11後のイラク戦争、3.11、アラブの春、TPP-全ての影に「資本」あり。キャピタルという神に従順な1%の選ばれたしもべが支配する世界。もはや、ジョージ・オーウェルのSFじみた話だけれど、堤さんのような方の新書が読めることがかすかな希望です。嘘を見破る目を持ちたいですね。 …続きを読む
    megumiahuru
    2014年07月29日
    67人がナイス!しています
  • 政府と企業との癒着(コーポラティズム)によるファシズムの存在を見えなくさせるいくつかの華麗な罠を検証しながら違う角度で物事を見る目線。勉強になった。メディアさえ1%の資本家に情報統制されていることを考 政府と企業との癒着(コーポラティズム)によるファシズムの存在を見えなくさせるいくつかの華麗な罠を検証しながら違う角度で物事を見る目線。勉強になった。メディアさえ1%の資本家に情報統制されていることを考えると情報を常に疑い、自分の意見というものなんてもともとなかったんじゃないかな~と、読み進めていくうちに自分をも疑うようになってくる。そういう感覚が止揚されて初めて一つの問題を純粋に議論できるリテラシーをのかもしれない。国家が大きすぎても小さすぎても疑わしい。その主義って一体誰にとって利益になるか?だ。 …続きを読む
    みゃーこ
    2015年07月24日
    54人がナイス!しています
  • 国民には何が真実なのか見極める力が必要です。 国民には何が真実なのか見極める力が必要です。
    よこしま
    2014年04月20日
    49人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品