バカボンのパパと読む「老子」 角川SSC新書

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年11月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
212
ISBN:
9784047315648

バカボンのパパと読む「老子」 角川SSC新書

  • 著者 ドリアン助川
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年11月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
212
ISBN:
9784047315648

作家・ドリアン助川がおくる、「バカボンのパパ語訳」による「老子」本。

今、日本はとんでもない問題を数々抱えている。そんな中、老子の「無為自然」の考えが役に立つはず。しかし、漢字だらけの老子の文章は難解。そこで、ドリアン助川が「バカボンのパパ語訳」で「老子」を読み解く。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「バカボンのパパと読む「老子」 角川SSC新書」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 目からウロコの本なのだ。わらで作ったウナギイヌのように扱われても、レレレのレーと思われても、TAO(道)を知ればハジメちゃんのように笑顔で暮らしていけるのだ。……失礼しました。m(_ _)m 「老子」 目からウロコの本なのだ。わらで作ったウナギイヌのように扱われても、レレレのレーと思われても、TAO(道)を知ればハジメちゃんのように笑顔で暮らしていけるのだ。……失礼しました。m(_ _)m 「老子」全81章を【バカポンのパパ語】に翻訳して解説。2000年前の賢人の教えを面白おかしく、かつ分かりやすく伝える【使徒】ドリアン助川氏、恐るべし。( Д ) ゚ ゚ ゚ ゚一度は読みたいと思いつつ挫折していた『老子』。本から学びたいと思っているし、できれば楽しく学びたい。だから、これでいいのだ♪(お約束的な) …続きを読む
    Hideto-S@仮想書店 おとなの絵本 月舟書房
    2014年06月06日
    42人がナイス!しています
  • 「バカボンのパパ」の「利口」な古代中国哲学者の意訳の本。 /人間の本質は「バカ」も「利口」も一緒! 面白い内容でした。 /家族(誰からでもOK死んでからでもOK)に愛されれば幸せだと思います。 ありが 「バカボンのパパ」の「利口」な古代中国哲学者の意訳の本。 /人間の本質は「バカ」も「利口」も一緒! 面白い内容でした。 /家族(誰からでもOK死んでからでもOK)に愛されれば幸せだと思います。 ありがとうございます。 …続きを読む
    ぱんにゃー
    2013年05月24日
    29人がナイス!しています
  • 先に読んだ実践編はドリアンさんの実体験が中心で、引用された老子の文言も分かったような気になれたのだが、こちらは八十一章の内に似たような内容が繰り返されることもあって退屈してしまった。でも、巻末の「あと 先に読んだ実践編はドリアンさんの実体験が中心で、引用された老子の文言も分かったような気になれたのだが、こちらは八十一章の内に似たような内容が繰り返されることもあって退屈してしまった。でも、巻末の「あとがき」に当たる文章が良かった。そうか!バカボンのパパだけでなく赤塚先生その人が無為自然の人だったのだ。「ハタ坊のおでん」の話は泣けそうだった。本文の中で心に残ったのは「成功したらその場所に留まらず移動すること」「自分が育ててやったとしても当たり前のように頼らない」。このように振る舞える大人の何と少ないことよ。 …続きを読む
    kuri8655
    2015年02月09日
    28人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品