源氏物語はなぜ書かれたのか

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784041000144

源氏物語はなぜ書かれたのか

  • 著者 井沢 元彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784041000144

『源氏物語』は怨霊鎮魂の書だった!? 秘められた謎に迫る!

藤原氏全盛の平安時代。女性に愛され出世も果たす『源氏物語』の主人公は藤原氏であるべき。なのになぜ”源氏”を主人公に据えたのか? ――当時の政治構造や文献をひもときながら、謎を解き明かす。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「源氏物語はなぜ書かれたのか」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 2011/11/25 Amazonより届く。2016/1/31〜2/3源氏物語が怨霊鎮魂の書である、といあ井沢説は以前別の作品でも書かれていたのを読んだことがある。文庫の帯に、これまでにない入門書、と 2011/11/25 Amazonより届く。2016/1/31〜2/3源氏物語が怨霊鎮魂の書である、といあ井沢説は以前別の作品でも書かれていたのを読んだことがある。文庫の帯に、これまでにない入門書、と書かれているが、入門書というのはちょっと違うだろう(笑)。巻末の国文学者、上野誠氏との対談が面白かった。学者さんも内心忸怩たる思いを抱えてることがよく分かった。 …続きを読む
    gonta19
    2016年02月03日
    88人がナイス!しています
  • 怨霊鎮魂こそが淵源であり日本人の心の拠り所である事が繰り返し述べられていた。菅原道真の祟りを終わらせようとした経緯、源氏が天下を取った後に書かれたのが平家物語であった事、北朝系統の現天皇家が楠木正成の 怨霊鎮魂こそが淵源であり日本人の心の拠り所である事が繰り返し述べられていた。菅原道真の祟りを終わらせようとした経緯、源氏が天下を取った後に書かれたのが平家物語であった事、北朝系統の現天皇家が楠木正成の銅像を建てている事。たしかに説得力は十分にあったと思う。源氏物語が複数の人間によって書かれた可能性については理解出来たがその他の細かい描写解説や書かれた謎について詳しく解説が欲しかった。本書は、恒例の日本史を逆説的に解説している書の一つであり源氏物語について知りたいのであればまずそちらを先に読むべきであろう。 …続きを読む
    テディ
    2015年12月03日
    43人がナイス!しています
  • 藤原氏全盛期に書かれた物語が、なぜ源氏の繁栄だったのか。源平合戦で源氏が勝ったあとに『平家物語』が語られたのはなぜか。…井沢氏おとくいの「怨霊鎮魂」をテーマにした、『源氏物語』解説書。完成までに複数の 藤原氏全盛期に書かれた物語が、なぜ源氏の繁栄だったのか。源平合戦で源氏が勝ったあとに『平家物語』が語られたのはなぜか。…井沢氏おとくいの「怨霊鎮魂」をテーマにした、『源氏物語』解説書。完成までに複数の著作者の存在があったという論は、作家ならではの確信が読み取れる。 …続きを読む
    瀧ながれ
    2015年01月02日
    21人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品