角川つばさ文庫

ようこそ、古城ホテルへ 湖のほとりの少女たち

帰る家のない四人の少女たちと、不思議なホテルの優しく切ない物語。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年09月15日
判型:
新書判
商品形態:
文庫
ページ数:
258
ISBN:
9784046311818
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川つばさ文庫

ようこそ、古城ホテルへ 湖のほとりの少女たち

帰る家のない四人の少女たちと、不思議なホテルの優しく切ない物語。

  • 作 紅玉 いづき
  • 絵 村松 加奈子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年09月15日
判型:
新書判
商品形態:
文庫
ページ数:
258
ISBN:
9784046311818

帰る家のない四人の少女たちと、不思議なホテルの優しく切ない物語。

湖のほとりにたたずむ不思議なホテル。人でないものさえ泊まるという。そこに集められた四人の少女たちは、こう言い渡された。「古城ホテル『マルグリット』。その、女主人になる気はないか」――。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ようこそ、古城ホテルへ 湖のほとりの少女たち」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 行くあてを持たない旅人のような心にぽっと灯った道標。封じられた魔力、剥奪された職務、足を洗った生業、亡ぼされた国家、『わたし』であることを手放した少女たち。時の流れに寄りそってきた湖畔の古城、時の流れ 行くあてを持たない旅人のような心にぽっと灯った道標。封じられた魔力、剥奪された職務、足を洗った生業、亡ぼされた国家、『わたし』であることを手放した少女たち。時の流れに寄りそってきた湖畔の古城、時の流れに抗うべく求められた新たな女主人の座。戻る場所のない彼女たちの間に散る火花。脱ぎ捨ててもまとわりつく過去、消せない『わたし』だった時間。支える、助ける、補う、どれもひとりきりではできないこと。還る家を、友達を、新しい『わたし』を見つけた。わたしたちの夢見た未来をとびきりの笑顔で招き入れよう、『ようこそ!』と。 …続きを読む
    ちはや@灯れ松明の火
    2012年08月26日
    70人がナイス!しています
  • ある者は自ら捨て、ある者は略奪され、ある者は追放され、ある者は求めて。四人の帰る場所を失った少女が出会ったのは、湖の畔の古城ホテル。お帰りなさいと旅人の道行きを照らす灯りに、貴方を待っていましたの優し ある者は自ら捨て、ある者は略奪され、ある者は追放され、ある者は求めて。四人の帰る場所を失った少女が出会ったのは、湖の畔の古城ホテル。お帰りなさいと旅人の道行きを照らす灯りに、貴方を待っていましたの優しい言葉。女主人に選ばれるのは一人だけというのなら、彼女たちは自分たちの力で定めを覆す。彼女たちがこのホテルを選ぶのだ。自分たちの帰る場所、いる場所として。ホテルならばくる者があり、去る者がある。これから先の未来を託して去る者もまた、いつかの来訪を約束する。優しい花の味のお茶を楽しめる季節は、存外近いのだ。 …続きを読む
    ひめありす@灯れ松明の火
    2012年02月10日
    66人がナイス!しています
  • イラスト通り子供向けで軽い。 が、キャラの奥に隠れるものはどちらかというと大人向けなのかも。 子供が表面だけ読んでも面白さは伝わるのだろうか。 イラスト通り子供向けで軽い。 が、キャラの奥に隠れるものはどちらかというと大人向けなのかも。 子供が表面だけ読んでも面白さは伝わるのだろうか。
    風里
    2013年11月06日
    54人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品