試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
480
ISBN:
9784044003029

軍師の門 上

  • 著者 火坂 雅志
  • カバーデザイン 芦澤 泰偉
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
480
ISBN:
9784044003029

半兵衛と官兵衛――。「生涯の友」となる二人の運命が、いま交錯する!

豊臣秀吉の頭脳として、「二兵衛」と並び称される二人の名軍師がいた。野心家の心と世捨て人の心を併せ持つ竹中半兵衛、己の志を貫きまっすぐに生きようとする黒田官兵衛。混迷の現代に共感を呼ぶ長編歴史小説。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「軍師の門 上」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 大河ドラマの影響もあり、一昔前よりも知名度が上がっているように見えるこの二名。上巻は竹中半兵衛がメインとなる。官兵衛/半兵衛それぞれの人となりは上手く描きわけられ、好ましい主役像。半兵衛=病弱な天才肌 大河ドラマの影響もあり、一昔前よりも知名度が上がっているように見えるこの二名。上巻は竹中半兵衛がメインとなる。官兵衛/半兵衛それぞれの人となりは上手く描きわけられ、好ましい主役像。半兵衛=病弱な天才肌、官兵衛=熱血漢という設定は、短絡的に過ぎるところもあるが、分かりやすく、盛り上げやすいだろう。それよりも気になるのは、半兵衛が、これほどまでに官兵衛を認めるに至る経緯がすっぽり抜け落ちていること。書かれている邂逅場面だけでは、説得力に欠ける。その点に目を瞑れば、テンポも良く、展開も早い良作。 …続きを読む
    W-G
    2020年06月10日
    302人がナイス!しています
  • 面白い(^_^)。半兵衛と官兵衛。「二兵衛」と呼ばれ秀吉の天下取りを支えた二人の軍師。稀代のブレーンにして名バイプレーヤー。魔王のごとき信長なくして秀吉を語れない。太陽のごとき秀吉なくして半兵衛と官兵 面白い(^_^)。半兵衛と官兵衛。「二兵衛」と呼ばれ秀吉の天下取りを支えた二人の軍師。稀代のブレーンにして名バイプレーヤー。魔王のごとき信長なくして秀吉を語れない。太陽のごとき秀吉なくして半兵衛と官兵衛は語れない。が、しかし、人は人を知る。半兵衛なくして官兵衛語れず、官兵衛なくして半兵衛語れず。そして、二兵衛なくして秀吉を語れず。混迷の邂逅を経て、秀吉幕下、固い絆で結ばれた半兵衛と官兵衛。戦国の世が大きく展開するとき、その地軸にいたのはまぎれもなく、軍師と呼ばれる彼ら二人だった。下巻へ。 …続きを読む
    とん大西
    2018年09月15日
    103人がナイス!しています
  • 面白かったです。戦国の乱世に秀吉の臣下として活躍した名軍師の物語。野望を秘めた竹中半兵衛と軍師を貫く小寺官兵衛。2人が「義」の絆で結ばれたからこそ、若くして死を見つめることになった半兵衛がその後継者と 面白かったです。戦国の乱世に秀吉の臣下として活躍した名軍師の物語。野望を秘めた竹中半兵衛と軍師を貫く小寺官兵衛。2人が「義」の絆で結ばれたからこそ、若くして死を見つめることになった半兵衛がその後継者として官兵衛に想いを託していったのだと思います。半兵衛の魂を引き継いだ官兵衛はいかにして戦乱の世を歩むのか。下巻も読みます。 …続きを読む
    優希
    2018年01月24日
    84人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品