天命の扉

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年07月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
368
ISBN:
9784041102558

天命の扉

  • 著者 遠藤 武文
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年07月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
368
ISBN:
9784041102558

『プリズン・トリック』の著者が描く、密室ミステリ!

長野県議会中、議員が何者かに殺害された。残された紙片には「善光寺を開帳せよ」というメッセージが。捜査に乗り出した城取刑事は、かつて自分が担当した冤罪疑惑事件とのつながりを疑うが……。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「天命の扉」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 警部補城取圭輔その1。議会中での殺人。動機がイマイチ理解できないが、それなりに面白かった。 警部補城取圭輔その1。議会中での殺人。動機がイマイチ理解できないが、それなりに面白かった。
    ダイ@2019.11.2~一時休止
    2013年11月30日
    65人がナイス!しています
  • シリーズ第2弾の「原罪」を読んでからこちらへ。県会議場での狙撃事件と美ヶ原でのイベントの爆発事件、善光寺の秘仏を公開せよと言う犯人の脅迫は何故なのか?冤罪事件との関係は?とストーリーとしては悪くなかっ シリーズ第2弾の「原罪」を読んでからこちらへ。県会議場での狙撃事件と美ヶ原でのイベントの爆発事件、善光寺の秘仏を公開せよと言う犯人の脅迫は何故なのか?冤罪事件との関係は?とストーリーとしては悪くなかったのですが、宗教的なことや歴史的な記述は、ちょっと説明がくどい感じがして斜め読みになってしまいました。犯人の動機も共犯者も、「え?そんなことで人を殺せるの?」というくらい納得がいきませんでした。 …続きを読む
    ゆみねこ
    2015年01月20日
    59人がナイス!しています
  • デビュー当時から比べると格段に読みやすくなっていると思います。ただ、今回は「善光寺」「秦氏」に拘り過ぎてしまったかな~作者の出身地である長野ネタで、たぶんコレで描いてみたい!と思われたのでしょうが、私 デビュー当時から比べると格段に読みやすくなっていると思います。ただ、今回は「善光寺」「秦氏」に拘り過ぎてしまったかな~作者の出身地である長野ネタで、たぶんコレで描いてみたい!と思われたのでしょうが、私はどうもソレに興味が持てない…だから動機についてもう~~ん…となってしまって。県知事や、刑事と妻の記述の部分はとても良いだけに残念。狙撃事件で始まるオープングも良いし、見つからない銃の謎…もいいのにな~冤罪などなど…ちょっと盛り込みすぎてしまったのに、着地点が悪かった…って感じかな。続→ …続きを読む
    nyanco
    2012年08月31日
    37人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品