試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784044092023

平清盛の闘い 幻の中世国家

  • 著者 元木 泰雄
  • カバーデザイン 芦澤 泰偉
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784044092023

「悪逆非道の清盛像」を覆し、王権に挑んだ先進的政治家の真実を描き出す!

後白河院政の否定、政敵への仮借なき攻撃、強引な福原遷都計画。悪逆非道の汚名を着せられた清盛が真に追いもとめたものとは? 先進的政治家としての鮮烈な実像を描き、従来の悪人像を覆した画期的清盛論!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「平清盛の闘い 幻の中世国家」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 【中世16】「鎌倉殿の13人」のおかげて始まった【中世】シリーズ。こんなに続けるつもりはなかったのだが、源氏の視点で読んでいるとどうしても平氏が気になってくる。清盛は「奢る平家」と悪いイメージしかない 【中世16】「鎌倉殿の13人」のおかげて始まった【中世】シリーズ。こんなに続けるつもりはなかったのだが、源氏の視点で読んでいるとどうしても平氏が気になってくる。清盛は「奢る平家」と悪いイメージしかないがどうなのだろうか。「源頼朝」や「河内源氏」の圧倒的なディティールで驚かせてくれた元木泰雄の本書に手を延ばした。■相変わらずのディティールの積み重ねだ、と最初思ったのだが、本書は元木にしてはなぜか熱がこもっている。福原(神戸)への思い入れがあると同時に、清盛に対する思い入れがありそうだ。特に後白河↓ …続きを読む
    翔亀
    2022年03月27日
    43人がナイス!しています
  • ドラマなどで清盛の生涯は知っていたが、何を目指し、なぜそうしたのかが非常によく理解できた。面白かった。 ドラマなどで清盛の生涯は知っていたが、何を目指し、なぜそうしたのかが非常によく理解できた。面白かった。
    umeko
    2019年04月12日
    16人がナイス!しています
  • 平氏の台頭した院政期の在り方と、清盛が目指した事業を解説する。特に遷都の意義などが興味深い。時流に乗って躍り出たスケールのある才能、でも後継者は育てられず、既存体制の破壊者に終わる。新しい国家事業は一 平氏の台頭した院政期の在り方と、清盛が目指した事業を解説する。特に遷都の意義などが興味深い。時流に乗って躍り出たスケールのある才能、でも後継者は育てられず、既存体制の破壊者に終わる。新しい国家事業は一人では出来ないのだとも思う。 …続きを読む
    shou
    2015年03月06日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品