試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
128
ISBN:
9784044094430

マイナス50℃の世界

  • 著者 米原 万里
  • 写真 山本 皓一
  • カバーデザイン 野村 勝善
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
128
ISBN:
9784044094430

北極よりも寒い国!オドロキの暮らしをレポートした幻の処女作

窓は三重構造、釣った魚は一〇秒でコチコチ。ロシア語通訳として真冬のシベリア取材に同行した著者は、鋭くユニークな視点で、様々なオドロキを発見していく。カラー写真も豊富に収載した幻の処女作。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「マイナス50℃の世界」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 今は亡き米原万里さんによる厳寒のサハ共和国レポート。1985年にTBS取材班の通訳として同行した時のもの。当時は妙齢の35歳。さて、サハ共和国には主としてヤクート族の人たちが住んでいるのだが、このヤク 今は亡き米原万里さんによる厳寒のサハ共和国レポート。1985年にTBS取材班の通訳として同行した時のもの。当時は妙齢の35歳。さて、サハ共和国には主としてヤクート族の人たちが住んでいるのだが、このヤクートとは、隣のブリヤート族の言葉で「さいはてのさらにはて」という意味だそうだ。オイミャンコではマイナス71度を記録。彼らのいたヤクーツクの取材中の平均気温がマイナス50度。ただし、こんなに極端な気候だと、人間は単純な思考しかできなくなる(居住者は別)ようで、万里さんのいつもの深くてシニカルな考察は見られない。 …続きを読む
    ヴェネツィア
    2014年09月04日
    255人がナイス!しています
  • ロシア語通訳米原万里。TBS「シベリア紀行」の取材談。大黒屋光太郎が200年前に訪れたヤクート。サハ共和国。氷は冷たくなるとすべらない。高床式住居。釣り。飛行機が飛ばない日々。想像を絶する世界。写真  ロシア語通訳米原万里。TBS「シベリア紀行」の取材談。大黒屋光太郎が200年前に訪れたヤクート。サハ共和国。氷は冷たくなるとすべらない。高床式住居。釣り。飛行機が飛ばない日々。想像を絶する世界。写真 山本皓一,写真解説 椎名誠。青を基調にした写真と白黒写真。単行本は清流出版。発見角川。 …続きを読む
    kaizen@名古屋de朝活読書会
    2013年09月14日
    126人がナイス!しています
  • 勿体ぶった言い方はあまり好きじゃないけれど、読書好きで米原万里を知らないと人生を損してると言っても過言ではない。その彼女の初めての作品がこの本。これがとんでもなく面白い。ネタバレしたくないので詳細は書 勿体ぶった言い方はあまり好きじゃないけれど、読書好きで米原万里を知らないと人生を損してると言っても過言ではない。その彼女の初めての作品がこの本。これがとんでもなく面白い。ネタバレしたくないので詳細は書けないが、我々の常識を吹き飛ばす極寒の世界の事象や暮らしかたにもう驚きあきれ果てて笑うしかない。短い時間で読めるので、ぜひご覧あれ。もともと小学生新聞用に丁寧に書かれた文章なので、とても優しくて暖かみを感じる。アキレサンドル・シナメンスキー・ネルネンコこと椎名誠のあとがきも素敵だ。老若男女どなたにもおすすめ。 …続きを読む
    seacalf
    2018年09月11日
    86人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品