脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年02月27日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
320
ISBN:
9784048851039

脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま

  • 著者 荒俣 宏
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年02月27日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
320
ISBN:
9784048851039

「恐怖」はどこからやってくるのか?

「恐怖」はどこからやってくるのか?

不思議なもの、怖いもの、深淵なもの、不気味なもの。
「目に見えない存在」を可視化し、異質の世界を表現したアーティストたちの実像とは?

本能が生み出した脅威の美術に、知の巨人・荒俣宏が迫る!

「この本の主題を俗っぽく表現するならば、お化けを見るとぞっとする本能的な実感の生まれてくる由来を探ることにある。(中略)人がお化けと聞いてぞぞっとしたり、怖い映画を見て目を塞いだりする生理的反応は、いったい何に由来するのか。いわば、子ども心のリアリティー感覚にかかわる謎を、成人の目から再考する試みといえるだろうか。」 ――本文より


アウトサイダー・アート、幻想美術、幻想言語、抽象画――。
茂木健一郎、京極夏彦、春日武彦、大西暢夫など、さまざまなジャンルの
スペシャリストとの対話を通じ、そのイメージの源泉を探る。



 目 次


序 見えないもののリアリティーをさがして

導入――「異様な美術」の発見史を見わたす

1 驚愕の松沢病院コレクション 「熟成された幻想」のゆくえ
   with 春日武彦 京極夏彦

2 「アウトサイダー・アート」の現場を巡る
   with 大西暢夫

3 近世が産んだ「異なる画像」の歴史と運命
   with 大内郁

4 「脳」と「お化け」の謎に迫る!
   with 茂木健一郎

5 「供養絵額」から見る遠野の深層
   with 前川さおり

6 「他人に見せる夢」としての幻想アート
   with 山田維史

7 橘小夢 幻想を視覚化する技量
   with 加藤宏明


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「脳内異界美術誌 幻想と真相のはざま」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 松沢病院、アウトサイダー・アート、脳科学、供養絵額、山田維史、橘小夢。アール・ブリュットを中心に、異様な美術の発見史をインタビュー&トークをもとに編まれている。まさしく、新たに発見されたと呼ぶにふさわ 松沢病院、アウトサイダー・アート、脳科学、供養絵額、山田維史、橘小夢。アール・ブリュットを中心に、異様な美術の発見史をインタビュー&トークをもとに編まれている。まさしく、新たに発見されたと呼ぶにふさわしいラインナップで、探せばまだまだいろいろあるんだな、と思わせた。 …続きを読む
    保山ひャン
    2016年08月01日
    2人がナイス!しています
  • アートにもいろいろなジャンルがあるのね〜 アートにもいろいろなジャンルがあるのね〜
    ayako
    2016年08月27日
    1人がナイス!しています
  • 新聞の書評で知り、タイトルと荒俣先生に惹かれて読み始めたのだけど、絵の解説ではなくアウトサイダーアートについての本だった。理解が難しいながらも一生懸命読んでいたら、最後の章で橘小夢という画家の話に。全 新聞の書評で知り、タイトルと荒俣先生に惹かれて読み始めたのだけど、絵の解説ではなくアウトサイダーアートについての本だった。理解が難しいながらも一生懸命読んでいたら、最後の章で橘小夢という画家の話に。全然知らなかった画家だけど、すごく好みです。橘小夢の作品には物語性がある、という荒俣先生の説に納得。退廃と幻想が入り混じった「作品」は、確かに私に響きました。 …続きを読む
    水無月・R
    2017年10月17日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品