秘帖・源氏物語 翁‐OKINA

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年11月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
304
ISBN:
9784041100585

秘帖・源氏物語 翁‐OKINA

  • 著者 夢枕 獏
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年11月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
304
ISBN:
9784041100585

『陰陽師』の夢枕獏がえがく、まったく新しい源氏物語!

光の君の妻である葵の上に、妖しいものが取り憑く。どうやら六条御息所の生霊らしいが、普通の陰陽師では歯がたたない。最後に光の君が訪れたのは、妖しい外法の陰陽師・蘆屋道満のところだった──!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「秘帖・源氏物語 翁‐OKINA」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 妊娠中の妻・葵の上に憑いた得体の知れぬ《もの》祓うため、源氏の君が訪ねたのは『陰陽師』でお馴染み・蘆屋道満。謎を追う美貌の光源氏と枯れた老人姿の道満『源氏物語』期待して読むと「あなや!」と叫びたくなり 妊娠中の妻・葵の上に憑いた得体の知れぬ《もの》祓うため、源氏の君が訪ねたのは『陰陽師』でお馴染み・蘆屋道満。謎を追う美貌の光源氏と枯れた老人姿の道満『源氏物語』期待して読むと「あなや!」と叫びたくなりますが、獏さん読みならば後書き含めて「さもありなん」 蘆屋道満なのでグロテスクな方向へ向かうかと思えば、蹴鞠・雅楽奏・舞と畳み込むような描写の末に現われる《翁》興を添える古代神話。毎度のことながら物語紡ぐ獏さんの知識量に圧倒されます。ところで『キマイラ』『餓狼伝』『獅子の門』はどうなってますか?獏さん? …続きを読む
    文庫フリーク@灯れ松明の火(微速前進中)
    2012年01月09日
    58人がナイス!しています
  • 1116-319-16 源氏物語の極々一部だけを取り出したストーリー。芦屋道満が出てきたりで陰陽師のノリも伺えるが源氏物語としてはあまり好きではないかな。コミックの大和和紀氏の「あさきゆめみし」が一番 1116-319-16 源氏物語の極々一部だけを取り出したストーリー。芦屋道満が出てきたりで陰陽師のノリも伺えるが源氏物語としてはあまり好きではないかな。コミックの大和和紀氏の「あさきゆめみし」が一番好き。小説なら橋本治氏の光源氏の視点で書かれた「窯変源氏物語」が好き。 …続きを読む
    Yuna Ioki☆メディアミックス祭参加中。
    2015年08月11日
    38人がナイス!しています
  • 歴史の編集室へと入室できるという意味で、後世の人間は幸せである。この作品はかの有名な『源氏物語』を下敷きにしていながら、そこに書きこまれるのは神の歴史的な系譜学の成果で、読者は思いがけずキリスト教やそ 歴史の編集室へと入室できるという意味で、後世の人間は幸せである。この作品はかの有名な『源氏物語』を下敷きにしていながら、そこに書きこまれるのは神の歴史的な系譜学の成果で、読者は思いがけずキリスト教やそれ以前のギリシャの神話などと出会うことになる。そこにはしかししっかりと信憑性があり、出鱈目や荒唐無稽の感じはない。更には天皇陛下への憧憬や原作への興味やらを抱かせてくれる。そして最も味わいがあったのは「もの」概念の吟味である。それは日本の存在論だ、という視角をもたらしてくれる点で、この小説では哲学を読める。 …続きを読む
    袖崎いたる
    2016年02月11日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品