ツイッター、その 雑念のゴミばこ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年08月31日
判型:
新書判
商品形態:
単行本
ページ数:
312
ISBN:
9784048742191

ツイッター、その 雑念のゴミばこ

  • 著者 横尾 忠則
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年08月31日
判型:
新書判
商品形態:
単行本
ページ数:
312
ISBN:
9784048742191

心にしみいる横尾さんのつぶやき。

2010年3月31日の第一声から1年間のツイッターを一挙掲載。時に優しく時に厳しい言葉に、多くの人々が癒やされ励まされた。芸術を語り、肉体を愛し、人生を唱う、そんな横尾忠則のつぶやき。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ツイッター、その 雑念のゴミばこ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 私にとって「芸術」は非日常的なもの、無くてもさほど困らないものですが、「芸術」が日常で、そこに諸疾患やトンカツ、チョコレートなど私にとっての日常が附随している方の生活を垣間見させて頂きました。 私にとって「芸術」は非日常的なもの、無くてもさほど困らないものですが、「芸術」が日常で、そこに諸疾患やトンカツ、チョコレートなど私にとっての日常が附随している方の生活を垣間見させて頂きました。
    かんな
    2013年05月05日
    0人がナイス!しています
  • 人のツイッターなんて普通はただ流れていくだけなのに、それが本になり万人の目に触れる。それって凄い。 人のツイッターなんて普通はただ流れていくだけなのに、それが本になり万人の目に触れる。それって凄い。
    2013年04月13日
    0人がナイス!しています
  • Twitterの殆どは雑念で読み返したくなる言葉は少ない。横尾さんの2冊目が楽しみ。 Twitterの殆どは雑念で読み返したくなる言葉は少ない。横尾さんの2冊目が楽しみ。
    islet ☮
    2012年05月30日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品