結婚

映画化作品

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年03月26日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
208
ISBN:
9784041101407

映画化作品

結婚

  • 著者 井上 荒野
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年03月26日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
208
ISBN:
9784041101407

結婚詐欺師を通して描く男女の業と性(さが)

結婚願望を捨てきれない女、現状に満足しない女に巧みに入り込む結婚詐欺師・古海。だが、彼の心にも埋められない闇があった……父・井上光晴の同名小説にオマージュを捧げる長編小説。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「結婚」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 行く先々で結婚詐欺を繰り返す男。心が満たされていないのに、騙される女も実は心のどこかでわかっているんじゃないかと。もう少し明るい話なのかと思いましたが、救いがなくてこちらまで淋しくなります。 行く先々で結婚詐欺を繰り返す男。心が満たされていないのに、騙される女も実は心のどこかでわかっているんじゃないかと。もう少し明るい話なのかと思いましたが、救いがなくてこちらまで淋しくなります。
    Ayumi
    2015年12月23日
    69人がナイス!しています
  • 結婚詐欺師の古海とその彼と組んでいる千石るり子、そしてその二人に騙される女たち。それぞれの思いが書かれているこの作品。騙された後の女たちの思いも怖かったけど、古海の妻も何だか怖かった。いろいろと想像さ 結婚詐欺師の古海とその彼と組んでいる千石るり子、そしてその二人に騙される女たち。それぞれの思いが書かれているこの作品。騙された後の女たちの思いも怖かったけど、古海の妻も何だか怖かった。いろいろと想像させられるラストも怖かった。え?そしてどうなるの!? …続きを読む
    くりきんとん99
    2012年04月24日
    47人がナイス!しています
  • 長編初読みの作家さん。タイトルから勝手にイメージしていた感じと随分違った。結婚詐欺師の古海を取り巻く女達の連作短編集。何とも言えないザラつき感。ちょっと小骨が喉に引っかかったような違和感。こんなに簡単 長編初読みの作家さん。タイトルから勝手にイメージしていた感じと随分違った。結婚詐欺師の古海を取り巻く女達の連作短編集。何とも言えないザラつき感。ちょっと小骨が喉に引っかかったような違和感。こんなに簡単に騙されるものなのか、そんな女を狙い定めているせいなのか。騙される女達はみんな寂しい。しかし、一番寂しいのは古海かもしれない。 …続きを読む
    yuyu
    2016年05月03日
    42人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品