安彦良和アニメーション原画集「機動戦士ガンダム」

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年05月28日
判型:
その他
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784041100899
ニコカド祭り2020

安彦良和アニメーション原画集「機動戦士ガンダム」

  • 著者 安彦 良和
  • 監修 サンライズ
  • 責任編集 庵野 秀明
  • 構成・編集 氷川 竜介
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年05月28日
判型:
その他
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784041100899

安彦良和の伝説的原画がいま蘇る!

劇場版ガンダム大ヒットの原動力となったアニメーションディレクター安彦良和自身による原画の数々を集成。その生原画に背中を押されてアニメ界に入った庵野秀明の責任編集による30年目にふさわしい記念碑的一冊

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「安彦良和アニメーション原画集「機動戦士ガンダム」」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • そもそも原画とは、本来陽の目を見ないものだ。しかし、アニメーションにおいて、その基礎、土台となる存在であり、まさしくなくてはならないものなのだ。本書は、『機動戦士ガンダム』TV版、および劇場三部作で、 そもそも原画とは、本来陽の目を見ないものだ。しかし、アニメーションにおいて、その基礎、土台となる存在であり、まさしくなくてはならないものなのだ。本書は、『機動戦士ガンダム』TV版、および劇場三部作で、安彦良和が描いた原画を収録している。絵のうまさはもとよりだが、活き活きとしたキャラクターの表情、そして動きが印象的だ。そこにはすでに、アニメーションとしての躍動が感じ取れる。いかにキャラの心情を表現するか、いかにモビルスーツをかっこよく見せるか、そのために安彦の筆は、ときにはデフォルメも恐れない。(つづく) …続きを読む
    ぐうぐう
    2013年11月04日
    19人がナイス!しています
  • ガンダム展でも安彦氏の原画を見て、ファーストガンダムの人気はMSだけでなく、安彦氏のキャラの表現も大きく関わっているということを再認識しました。これなら欲しい人はたくさんいると思います。 ガンダム展でも安彦氏の原画を見て、ファーストガンダムの人気はMSだけでなく、安彦氏のキャラの表現も大きく関わっているということを再認識しました。これなら欲しい人はたくさんいると思います。
    参謀
    2015年07月30日
    2人がナイス!しています
  • 初めてガンダムを観た時から安彦良和氏の絵にとりこ。ガンダム展に行った時の生原画に鳥肌でした。こんな絵が描けたら…… 初めてガンダムを観た時から安彦良和氏の絵にとりこ。ガンダム展に行った時の生原画に鳥肌でした。こんな絵が描けたら……
    Chihoish
    2018年04月30日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品