試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年10月26日
判型:
B6変形判
商品形態:
コミック
ページ数:
234
ISBN:
9784041074930

ヤマトタケル (6)

  • 著者 安彦 良和
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年10月26日
判型:
B6変形判
商品形態:
コミック
ページ数:
234
ISBN:
9784041074930

稀代の英雄ヤマトタケルその生き様ついに完結!

東征の最中、タケル一行は襲う激しい潮流。弟橘姫は我が身を水面の投げ打つ事でタケルの渡河を助けるのだった。悲しみを乗り越えタケルは東征は完遂する。しかし、さらなる悲劇がタケルを待ち受けるのだった…。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ヤマトタケル (6)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 『ナムジ』から始まる「物語古代史」シリーズを安彦良和が描いてきて、約三十年近い歳月が経つ。そのひとつの到達点としての『ヤマトタケル』が完結した。今巻のあとがきにもあるように、皇国史観の後遺症により、日 『ナムジ』から始まる「物語古代史」シリーズを安彦良和が描いてきて、約三十年近い歳月が経つ。そのひとつの到達点としての『ヤマトタケル』が完結した。今巻のあとがきにもあるように、皇国史観の後遺症により、日本に五世紀までの古代史が空白となっていることに対する問題提起として「物語古代史」は描かれている。東征からの帰路、八ヶ岳が噴火したり、草薙の剣を放棄した理由等々を、オリジナルの説として物語に組み込む安彦だが、ドラマを盛り上げるための嘘ではなく、あくまでリアリティを持たせるための説として想像している。(つづく) …続きを読む
    ぐうぐう
    2018年10月28日
    24人がナイス!しています
  • 北近江の息長氏は、1世紀あまりの後、継体天皇を育む土地となる。ヤマトタケルの死につながった出来事が、関ヶ原/壬申の乱と同じ場所で起こったというのは、決して偶然ではないということなのだろう。 北近江の息長氏は、1世紀あまりの後、継体天皇を育む土地となる。ヤマトタケルの死につながった出来事が、関ヶ原/壬申の乱と同じ場所で起こったというのは、決して偶然ではないということなのだろう。
    月をみるもの
    2018年12月03日
    8人がナイス!しています
  • 「天の血脈」を読んでたので、神功皇后の登場にはニヤリ。そしてついに描かれるヤマトタケルの死。そういや「天の血脈」の主人公も、川に流されてたなあ…。雑誌「アフタヌーン11月号」から「安彦良和 最後の新連 「天の血脈」を読んでたので、神功皇后の登場にはニヤリ。そしてついに描かれるヤマトタケルの死。そういや「天の血脈」の主人公も、川に流されてたなあ…。雑誌「アフタヌーン11月号」から「安彦良和 最後の新連載」と銘打って「乾と巽」が開始されているので、安彦古代史もこれで終了か…。(「描きおろし単行本」という可能性も少ーしだけあるが…)「アリオン」から39年、「ナムジ」から29年…。長かったなあ。 …続きを読む
    hirokazu
    2018年11月01日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品