一流選手の動きはなぜ美しいのか からだの動きを科学する

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年02月23日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
200
ISBN:
9784047035027

一流選手の動きはなぜ美しいのか からだの動きを科学する

  • 著者 小田 伸午
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年02月23日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
200
ISBN:
9784047035027

楽に動ける、ケガをしにくい、疲れない。正しい動きができるからだを作る!

〈目次〉
はしがき
第1章 主観と客観のずれ
1 もも上げ神話
2 主観と客観のずれ
3 バネの誤解
4 動きの本質
5 スポーツ力
6 生理と心理のずれ
第2章 筋力に対する誤解
1 筋力万能主義
2 筋力の通じない世界
3 屈曲感覚
4 膝の抜きを使ったからだ使い
5 地面反力
6 伸展と屈曲
第3章 手足、体幹の使い方
1 腕の肉絞りの誤解
2 からだの姿勢と気分
3 脚の動かし方
第4章 走り方を考える
1 地面を強く蹴る
2 バランスを崩したバランス
3 外旋着地
4 頭部の制御
ちょっと脱線(1) 筋力と金力
ちょっと脱線(2) 内力と外力
ちょっと脱線(3) 薬指
ちょっと脱線(4) ワニ
ちょっと脱線(5) 落下するボールをつかめますか?
ちょっと脱線(6) 着物、履物の影響
ちょっと脱線(7) 宮本武蔵
あとがき
参考文献

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「一流選手の動きはなぜ美しいのか からだの動きを科学する」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 一流選手の動きはなぜ美しいのか、それは力感がないからで、ゆったりとした動きに見えて速いし、強い。ウサイン・ボルトしかり、イチローしかり。「走るときに『ももを高く上げろ』は誤解」「動作は無意識に『そうな 一流選手の動きはなぜ美しいのか、それは力感がないからで、ゆったりとした動きに見えて速いし、強い。ウサイン・ボルトしかり、イチローしかり。「走るときに『ももを高く上げろ』は誤解」「動作は無意識に『そうなる』のであって、意識して『そうする』のではない」「筋力に頼らずに、膝の抜きで地球の重力を活かす」「踵で踏み出して加速する」「『球をよく見ろ』ではミスが多発、直視せずに気配で見る」など、ナンバを勉強しているものには常識とも言えるものばかりですが、それを実際の感覚として身につけることが、本当に難しいんです…。 …続きを読む
    ばりぼー
    2013年10月02日
    22人がナイス!しています
  • スポーツ的な体の使い方、運動の内容としての素晴らしさもさることながら、ビジネスや人生においてもとても役立つようなよいお話しでした。感激しました。専門的な所は難しかったのでもう一度読もうと思います。 スポーツ的な体の使い方、運動の内容としての素晴らしさもさることながら、ビジネスや人生においてもとても役立つようなよいお話しでした。感激しました。専門的な所は難しかったのでもう一度読もうと思います。 ◼️主観と客観のずれ 自分が考えているイメージと外から観察できるうごきの違い。原因と結果の違いともいいかえらる。 ◼️伸展と屈曲 屈曲の方がより大きな力がもらえる。膝の抜きが重要。 ◼️体の使い方、動きの原理を覚える ◼️外力、内力 外力を使わないとより大きな力は出せない。 …続きを読む
    ヒカリ
    2018年05月18日
    2人がナイス!しています
  • 力は筋力で発揮するのではなく、抜きが重要である。物理的な結果と、感覚的なものは異なるということを、実例を元に書いているので、非常に面白い。主観と客観の両方を理解して、自身の動きを作り出していくことが重 力は筋力で発揮するのではなく、抜きが重要である。物理的な結果と、感覚的なものは異なるということを、実例を元に書いているので、非常に面白い。主観と客観の両方を理解して、自身の動きを作り出していくことが重要である。 …続きを読む
    andaseizouki
    2018年01月04日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品