角川文庫

殺人鬼 ‐‐覚醒篇

伝説の『殺人鬼』、ついに降臨!!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784043855056
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

殺人鬼 ‐‐覚醒篇

伝説の『殺人鬼』、ついに降臨!!

  • 著者 綾辻 行人
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784043855056

伝説の『殺人鬼』、ついに降臨!!

90年代のある夏、双葉山に集った〈TCメンバーズ〉の一行は、突如出現した殺人鬼により、一人、また一人と惨殺されてゆく……いつ果てるとも知れない地獄の饗宴。その奥底に仕込まれた驚愕の仕掛けとは?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「殺人鬼 ‐‐覚醒篇」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ホラーだわ。そして、グロいというよりエグい!書いてる人が楽しんでるとしか思えないぐらい、容赦なく残虐に惨殺されてるわ!あまりにエグくて、仕掛けとか気にしてる余裕がないです。しんどかった! ただ物語は、 ホラーだわ。そして、グロいというよりエグい!書いてる人が楽しんでるとしか思えないぐらい、容赦なく残虐に惨殺されてるわ!あまりにエグくて、仕掛けとか気にしてる余裕がないです。しんどかった! ただ物語は、麻宮が中学生ながらに格好良かった。そこだけは、怖くてしんどい中、魅入られました。 …続きを読む
    しんごろ
    2018年06月14日
    195人がナイス!しています
  • 聞きしに勝るグロさだった。残虐行為の描写を文章と割り切って流せればさほどでもないのだろうが想像力の逞しいタイプには辛い作品。生き地獄そのままのグロテスクな描写にかなりのダメージを受けた。だが冒頭のはし 聞きしに勝るグロさだった。残虐行為の描写を文章と割り切って流せればさほどでもないのだろうが想像力の逞しいタイプには辛い作品。生き地獄そのままのグロテスクな描写にかなりのダメージを受けた。だが冒頭のはしがきからインターローグを含めて散りばめられた周到な伏線など、やはりただのグロホラーでは終わらないところは流石で、全体の仕掛けや作品の雰囲気は如何にも綾辻さんらしい。真相の全てを看破できる人はまずいないとは思うが、読み終えてみればなるほどの手がかりが巧妙に潜んでいる。真相はまさに綾辻流ホラーファンタジーだ。 …続きを読む
    Yoko Omoto
    2014年08月14日
    161人がナイス!しています
  • 献血中(予約して行くとたいてい血小板成分献血20単位になり所要時間45分前後)に読む本としてはグッドチョイスだったとは言い難い。なんかあれだな、ハイテク取り入れた21世紀版書いて欲しいかも。どうでしょ 献血中(予約して行くとたいてい血小板成分献血20単位になり所要時間45分前後)に読む本としてはグッドチョイスだったとは言い難い。なんかあれだな、ハイテク取り入れた21世紀版書いて欲しいかも。どうでしょう、内田先生。 …続きを読む
    takaC
    2016年06月18日
    153人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品