AR<拡張現実>入門

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年09月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
176
ISBN:
9784048688642

AR<拡張現実>入門

  • 著者 丸子 かおり
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年09月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
176
ISBN:
9784048688642


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「AR<拡張現実>入門」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • サクサクっと読める分量と内容。ARが抱えるリスクの部分は大いに参考になった。悪意のタグ付けに対する対応が課題であることがよくわかった。 サクサクっと読める分量と内容。ARが抱えるリスクの部分は大いに参考になった。悪意のタグ付けに対する対応が課題であることがよくわかった。
    壮年ブタ野郎は熟女先輩のAVをみない
    2014年11月04日
    1人がナイス!しています
  • ネットワークを通して現実そのものに新たな情報を付加する「拡張現実」。その技術はどのような可能性をはらんでいるのでしょうか。巻末の暦本純一氏の対談が印象的でした。拡張現実=人間のサイボーグ化という言葉は ネットワークを通して現実そのものに新たな情報を付加する「拡張現実」。その技術はどのような可能性をはらんでいるのでしょうか。巻末の暦本純一氏の対談が印象的でした。拡張現実=人間のサイボーグ化という言葉は目からうろこ。拡張されているのは現実ではなく人間の能力だと思うと、サイバーパンクな世界のようです。今はまだゲーム的な使われ方の多い拡張現実が、今後どのように受け入れられていくのでしょうか。それとも一過性のものとして忘れ去られていくのかもしれません。 …続きを読む
    かずら
    2014年03月01日
    1人がナイス!しています
  • まさに入門書です。仕組みから実際にサービスインしているサービスの紹介まで網羅されています。今後、劇的に生活を変える可能性を秘めた技術だと思いますが本書内で懸念しているとおり法整備と倫理策定がバランスよ まさに入門書です。仕組みから実際にサービスインしているサービスの紹介まで網羅されています。今後、劇的に生活を変える可能性を秘めた技術だと思いますが本書内で懸念しているとおり法整備と倫理策定がバランスよく進めることができるかがキーポイントだと思います。 …続きを読む
    スプリント
    2013年12月11日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品