西郷隆盛伝説

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年07月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784043775118

西郷隆盛伝説

  • 著者 佐高 信
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年07月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784043775118

「新日本」の真の建設者・西郷隆盛の魅力とは? 佐高版・明治維新史の誕生

戊辰戦争で西郷と敵対しながら、後に『南洲遺訓』を編纂するに至った庄内藩。仇敵をも惹きつける西郷南洲の魅力とは? 史実を丁寧に辿りながら、稀代の傑物の伝説と真実を問う。佐高版・明治維新史の誕生!


メディアミックス情報

NEWS

「西郷隆盛伝説」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 解説でも触れていたが、著書と西郷隆盛がミスマッチで「おや、おや」って感じで購入。著者は山形県酒田市の出、つまり旧庄内藩と西郷隆盛の因縁が発端となっている論考。西南戦争で庄内藩出身の若者が薩摩側で参戦、 解説でも触れていたが、著書と西郷隆盛がミスマッチで「おや、おや」って感じで購入。著者は山形県酒田市の出、つまり旧庄内藩と西郷隆盛の因縁が発端となっている論考。西南戦争で庄内藩出身の若者が薩摩側で参戦、戦死しているって話は初耳。西郷隆盛を祀った西郷神社も庄内の地域にあるらしい。会津藩の惨状と比べて歴史の不思議さを知る。西郷隆盛の影響は長く広く様々な人々に及んでいて、著者が丹念に拾って紹介しているが、些か摘み食いって気がするくらい。読んでみたい本が増えたのは収穫。続く …続きを読む
    ヨーイチ
    2018年03月22日
    31人がナイス!しています
  • 荘内藩士と西郷隆盛の関連について詳しく書かれています。そのことは歴史に埋もれたことを暴いており大変貴重だと思います。但し、この本は幕末・維新の関して一定の知識がある読者を対象としていますので知識が乏し 荘内藩士と西郷隆盛の関連について詳しく書かれています。そのことは歴史に埋もれたことを暴いており大変貴重だと思います。但し、この本は幕末・維新の関して一定の知識がある読者を対象としていますので知識が乏しい私には辛いものがありました。また、西郷さんの周辺や彼に敬服した人たちのことが中心で書かれておりそれらは私は知らなかった事実だったので有り難いことと考えますが、反面、西郷本体のことはあまり述べられていないので彼の姿をとらえることは困難でした。「摘み食い感」というご感想がありましたが私も同感です。 …続きを読む
    PAO
    2018年04月25日
    15人がナイス!しています
  • 敗者からの視点で維新を見た本です。幕府側は負けてしまいましたが朝廷側と同じように日本の未来を真剣に考えた人々達です。明治では不遇な扱いを受けてしまいました。西郷隆盛はでも特殊な例です。幕府倒幕の時は官 敗者からの視点で維新を見た本です。幕府側は負けてしまいましたが朝廷側と同じように日本の未来を真剣に考えた人々達です。明治では不遇な扱いを受けてしまいました。西郷隆盛はでも特殊な例です。幕府倒幕の時は官軍、明治では賊軍です。西南戦争で負けたけれど今も色んな人から愛される英雄です。あの北一輝や石原莞爾なども憧れていたそうです。 …続きを読む
    nakagawa
    2017年06月02日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品