能を読む(4) 信光と世阿弥以後 異類とスペクタクル

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年08月23日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
610
ISBN:
9784046538741

能を読む(4) 信光と世阿弥以後 異類とスペクタクル

  • 監修 梅原 猛
  • 監修 観世 清和
  • 編集委員 天野 文雄
  • 編集委員 土屋 恵一郎
  • 編集委員 中沢 新一
  • 編集委員 松岡 心平
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年08月23日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
610
ISBN:
9784046538741

歌舞伎へとつながる、スペクタクル能の世界。静から動への演劇空間を読む。

新釈の現代語訳で“能を読み”、先鋭な論考で“能を解き”、演者から“能を聞く”。第4巻では、観世信光、金春禅鳳、観世長俊の能をはじめ、「道成寺」「土蜘蛛」など、世阿弥以降につくられた能35曲を読み解く。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「能を読む(4) 信光と世阿弥以後 異類とスペクタクル」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 能を題材にした舞台『一角仙人』を観たのがきっかけで『能』に興味を持ち、この本を読みました!読み進んで行くほどに『能』の奥深さを知り、面白いと感じて来ます。観阿弥・世阿弥・元雅・禅竹・信光などの人物つい 能を題材にした舞台『一角仙人』を観たのがきっかけで『能』に興味を持ち、この本を読みました!読み進んで行くほどに『能』の奥深さを知り、面白いと感じて来ます。観阿弥・世阿弥・元雅・禅竹・信光などの人物ついても興味がわいてきました。能と歌舞伎との違いや関連性も知ることが出来て、日本の芸能が好きになって来ました! …続きを読む
    しまちゃん
    2020年03月12日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品