龍盤七朝 ケルベロス壱

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年12月16日
判型:
A6判
商品形態:
文庫
ページ数:
322
ISBN:
9784048682190

龍盤七朝 ケルベロス壱

  • 著者 古橋 秀之
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年12月16日
判型:
A6判
商品形態:
文庫
ページ数:
322
ISBN:
9784048682190

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「龍盤七朝 ケルベロス壱」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • けして正しいわけじゃない。その選択は逃避だし、諦めてしまっていることに気づいているはずだ。そんな後ろ向きな姿勢が、しかし魅力的に見えるのは、それが人間だからだろう。動乱の時代の、ぽっかりと空いた穴のよ けして正しいわけじゃない。その選択は逃避だし、諦めてしまっていることに気づいているはずだ。そんな後ろ向きな姿勢が、しかし魅力的に見えるのは、それが人間だからだろう。動乱の時代の、ぽっかりと空いた穴のような町に於いて繰り広げられる、生れ落ちる獣の物語。なんと人情味に溢れているのだろうか。 …続きを読む
    秋山真琴
    2010年02月11日
    7人がナイス!しています
  • この本は恐ろしい本です。滅茶苦茶面白いのに、続きが来るのかどうかすらわからないなんて罪深いです。この作品における魅力はまずスーパークンフーバトルにあるといえます。色々な本を読んできましたが、ここまでク この本は恐ろしい本です。滅茶苦茶面白いのに、続きが来るのかどうかすらわからないなんて罪深いです。この作品における魅力はまずスーパークンフーバトルにあるといえます。色々な本を読んできましたが、ここまでクンフー万歳な、血沸き肉踊るバトル描写はそうありません。もう一つ挙げるとするなれば強大なラスボスです。こいつは北斗の拳のラオウに、天変地異を足したみたいな化物です。こいつを狙うは、ケルベロスの三つの頭たる主役メンバーたち。どいつもこいつもボンクラであるがゆえに思わず感情移入してしまいます。手を出すと危険な本なの …続きを読む
    貴人
    2014年10月04日
    6人がナイス!しています
  • 秋山瑞人と共通の世界観を用いて執筆された龍盤七朝シリーズの一冊。武侠小説の色が濃いDRAGONBUSTERよりもファンタジー寄りのバトル小説になっておりました。こちらもやはり続刊は刊行されておりません 秋山瑞人と共通の世界観を用いて執筆された龍盤七朝シリーズの一冊。武侠小説の色が濃いDRAGONBUSTERよりもファンタジー寄りのバトル小説になっておりました。こちらもやはり続刊は刊行されておりませんが、後半やや駆け足なところもあり、もしかしたらこれで終わってしまうことも視野に入れていたのかもしれませんね。 …続きを読む
    hirayama46
    2020年05月04日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品