組織と人間

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年11月09日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
184
ISBN:
9784047102200

組織と人間

  • 著者 佐高 信
  • 著者 小倉 寛太郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年11月09日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
184
ISBN:
9784047102200

巨大組織の中で、人はどう生きるのか?

映画化される山崎豊子のベストセラー『沈まぬ太陽』の主人公・恩地元には、モデルとされる人物がいる。1960年代、労働組合を率いた小倉寛太郎に、評論家・佐高信が、会社組織の中で信念を通した人間の生き方に迫

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「組織と人間」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 第一部「企業と人間」、山崎豊子さんの「沈まぬ太陽」の主人公・恩地元のモデル、小倉寛太郎氏と、評論家・佐高信氏の対談。第二部「組織と忠誠心」佐高信、第三部「働くということ」小倉寛太郎の三部構成。組織に属 第一部「企業と人間」、山崎豊子さんの「沈まぬ太陽」の主人公・恩地元のモデル、小倉寛太郎氏と、評論家・佐高信氏の対談。第二部「組織と忠誠心」佐高信、第三部「働くということ」小倉寛太郎の三部構成。組織に属している限り、誰しもより高い収入、肩書、地位を望むとは思う。しかし気が付いたら飼い慣らされた羊のように組織に従順になり、常に上司の目の色をうかがう。生きて行くためには仕方がない?でもこのままで良いのか?自分らしく生きる事は難しいよね?この本はそんな問いかけに少しだけヒントを与えてくれたような気がする。 …続きを読む
    GAKU
    2016年02月11日
    36人がナイス!しています
  • 書いてあることは正しいが、世の中なかなかそうならない。分かっちゃいるけど哀しい。寛太郎さんのようにはなかなか行かないのでござる。 書いてあることは正しいが、世の中なかなかそうならない。分かっちゃいるけど哀しい。寛太郎さんのようにはなかなか行かないのでござる。
    Hiroki Nishizumi
    2016年03月30日
    3人がナイス!しています
  • JALの内情を知るのに良い本です。これじゃJALは潰れますね。 JALの内情を知るのに良い本です。これじゃJALは潰れますね。
    あざらし
    2014年02月17日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品