ラブ・ストーリーを探しに

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年04月15日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
224
ISBN:
9784046211866

ラブ・ストーリーを探しに

  • 著者 小手鞠 るい
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年04月15日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
224
ISBN:
9784046211866

ウッドストックの四季とともに巡りめぐる、12のあざやかな物語。

思い出したい人がいる。もう一度訪ねてみたい場所がある――。「世界一有名な、世界一小さな町」ウッドストックを舞台に、移ろう季節のなか、忘れ得ぬ出会いを紡ぐ、珠玉の12篇。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「ラブ・ストーリーを探しに」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ウッドストックの風や木々の香りが吹き込んでくるような本。実在のお店などを舞台にカラー写真も交えてエッセイ風だが、フィクションだそう。表紙と、ぱらぱらとめくった時に見えた街角の写真にがっつり惹かれ読み。 ウッドストックの風や木々の香りが吹き込んでくるような本。実在のお店などを舞台にカラー写真も交えてエッセイ風だが、フィクションだそう。表紙と、ぱらぱらとめくった時に見えた街角の写真にがっつり惹かれ読み。ウッドストック在住の小手鞠さんだからこそ書ける、そこにどっしり根付いた暮らしの様子や四季の移ろい、街の人達との会話、本当のクリスマスやバレンタインズ・デイの過ごし方なんかにうっとり。ずっと読み続けていたいような心地よさ。「ひとり旅」の〝豊かな自由と満ち足りた孤独〟がよかった。小手鞠さんのエッセイ読むべし! …続きを読む
    なゆ
    2015年03月27日
    57人がナイス!しています
  • 読破。伝説の音楽イベントとなっているウッドストック。その町を舞台とした、12篇のストーリー。舞台やお店は実際のもので、作者さんがそこで見たり聞いたり体験したり──それがベースとなった物語は、エッセイと 読破。伝説の音楽イベントとなっているウッドストック。その町を舞台とした、12篇のストーリー。舞台やお店は実際のもので、作者さんがそこで見たり聞いたり体験したり──それがベースとなった物語は、エッセイとも一味違った透明感のある物語になっています。ただ、各編とも短く、もう一歩踏み込んだ部分が欲しかった、というのは私の素直な感想。物語全体を彩る写真の、カリッとした透明感も秀逸です。 …続きを読む
    七色一味
    2013年06月25日
    37人がナイス!しています
  • 温かく、緩やかにすすむカントリーな12ヶ月。おいしいケーキに、綺麗な花に、お洒落なお店、動物、素敵な人達。甘い恋も、苦い恋も。結婚も、離婚も。アメリカに、ウッドストックに行けば、自由で気持ちのいいラブ 温かく、緩やかにすすむカントリーな12ヶ月。おいしいケーキに、綺麗な花に、お洒落なお店、動物、素敵な人達。甘い恋も、苦い恋も。結婚も、離婚も。アメリカに、ウッドストックに行けば、自由で気持ちのいいラブストーリー。写真のおかげで、想像がむくむく膨らむ。雪深い、長い冬さえも愛おしくて、ほんとにあったかいお話だった。 …続きを読む
    しょこら★
    2015年02月19日
    25人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品