初恋ソムリエ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年10月01日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
264
ISBN:
9784048739986

初恋ソムリエ

  • 著者 初野 晴
  • デザイン 坂野 公一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年10月01日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
264
ISBN:
9784048739986

ブレイク直前! 青春ミステリの最前線

廃部寸前の弱小吹奏楽部に所属する穂村チカと上条ハルタ。吹奏楽部の甲子園「普門館」を目指して日々練習を重ねる二人に、難事件が? 話題作『退出ゲーム』待望の続編!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「初恋ソムリエ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 本当に普門館を目指す吹奏楽部か?、或いは笑いの殿堂か?、はたまた変人の坩堝(るつぼ)か?、それとも事件を呼び込むトラブル・クリエーターか!? 今回も次々と巻き起こる不思議の数々をハルチカコンビが「ボケ 本当に普門館を目指す吹奏楽部か?、或いは笑いの殿堂か?、はたまた変人の坩堝(るつぼ)か?、それとも事件を呼び込むトラブル・クリエーターか!? 今回も次々と巻き起こる不思議の数々をハルチカコンビが「ボケとつっこみ」で一刀両断、快刀乱麻を断つ!(笑) 核心は結構重いテーマ(老人介護問題、憎悪や嫉妬、等)だったりしますが、ウケルこと間違いなし、お勧めですぅ!!。 それにしてもDJスケキヨ(FMはごろも)聞きたいなぁ(笑) …続きを読む
    射手座の天使あきちゃん
    2010年11月07日
    244人がナイス!しています
  • 待ってました!チカとハルタの「ど突き漫才」コンビ。普門館を目指して猛練習のはずが、本作でもやっぱり色んな謎に振り回されてます。前作より変人濃度・ミステリ濃度が薄まったような。その分より身近で親近感の湧 待ってました!チカとハルタの「ど突き漫才」コンビ。普門館を目指して猛練習のはずが、本作でもやっぱり色んな謎に振り回されてます。前作より変人濃度・ミステリ濃度が薄まったような。その分より身近で親近感の湧く設定と内容でした。高校生らしい真直ぐな叡智での謎解きが好印象。四篇とも切ない哀しみポイントがあって、もれなくグッと来ちゃいました。さて、どうなる弱小吹奏楽部、草壁先生とのラブトライアングル。そして彼らは高校生活のエンディングにどんなアンサンブルを奏でるのか。次回作も楽しみ♪ …続きを読む
    めろんラブ 
    2010年06月01日
    217人がナイス!しています
  • 少し、いやかなり変人率の高いその学校で、最高値を叩き出すのは吹奏楽部。フルートの腕前より騒がしさの方が際立つチカは、片手で首根っこを抑えたハルタと共に、部員獲得に忙しい。目指す音楽コンクールには、部員 少し、いやかなり変人率の高いその学校で、最高値を叩き出すのは吹奏楽部。フルートの腕前より騒がしさの方が際立つチカは、片手で首根っこを抑えたハルタと共に、部員獲得に忙しい。目指す音楽コンクールには、部員数そのものが規定に満たず参加すら危ういのだ。新部員の前に立ち塞がる謎を解くため(解くのは主にハルタだが)、今日も他校や銀河鉄道の故郷へと奔走する。答えが明かされ”めでたしめでたし”とはいかない、高校生には重過ぎる謎もあるけれど、心に残す余韻も多い。様々な重さを含んだ音は、いつか彼方で深い和音を響かせる。 …続きを読む
    kariya
    2010年05月19日
    180人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品