金子兜太の世界

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年09月10日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
268
ISBN:
9784046214867

金子兜太の世界

  • 編者 『俳句』編集部
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年09月10日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
268
ISBN:
9784046214867

戦後俳句の隆盛をもたらし、今も変革を続ける金子兜太の全貌を一冊に凝縮。

社会性俳句あるいは前衛俳句の旗手として戦後俳句を牽引した金子兜太。本年9月に90歳を迎える巨匠の人間的魅力と、常に変革精神を失わない文学活動の全貌を、俳人・歌人・評論家など128名が書き下ろす。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「金子兜太の世界」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • お気に入りの金子兜太作品、10句選。「曼珠沙華どれも腹出し秩父の子」「果樹園がシャツ一枚の俺の孤島」「きよお!と喚いてこの汽車はゆく新緑の夜中」「暗黒や関東平野に火事一つ」「人体冷えて東北白い花盛り」 お気に入りの金子兜太作品、10句選。「曼珠沙華どれも腹出し秩父の子」「果樹園がシャツ一枚の俺の孤島」「きよお!と喚いてこの汽車はゆく新緑の夜中」「暗黒や関東平野に火事一つ」「人体冷えて東北白い花盛り」「よく眠る夢の枯野が青むまで」「おおかみに蛍が一つ付いていた」「呼吸とはこんなに蜩を吸うことです」「長寿の母うんこのようにわれを産みぬ」「みどりごのちんぽこつまむ夏の父」 …続きを読む
    ki_se_ki
    2014年03月02日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品