角川俳句ライブラリー 鑑賞 日本の名句

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年06月21日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
240
ISBN:
9784046526229

角川俳句ライブラリー 鑑賞 日本の名句

  • 編者 『俳句』編集部
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年06月21日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
240
ISBN:
9784046526229

俳句は鑑賞から――。目からウロコの発見があります!

明治以降の日本の名句を「新年」「春」「夏」「秋」「冬」の季節に分けて収録。作品の背景や読みどころ、名句たるゆえんなどを記した鑑賞を付す。季節の移ろいにしたがって折々の名句を味わえる名句鑑賞本。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「角川俳句ライブラリー 鑑賞 日本の名句」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 虚子の句は沢山あったけど、あまり気に入ったのはなかった。正岡子規の絶筆三句の一つ、「糸瓜咲いて痰のつまりし仏かな」こういうのを読んじゃうと他のが霞んでしまいます。端正な写生句と思って読んでみても、その 虚子の句は沢山あったけど、あまり気に入ったのはなかった。正岡子規の絶筆三句の一つ、「糸瓜咲いて痰のつまりし仏かな」こういうのを読んじゃうと他のが霞んでしまいます。端正な写生句と思って読んでみても、その景にお寺が入ると途端に浄土とかそういう意味が伴ってきて深くなるのには参ります。「暁闇に褌(たふさぎ)代えて初日待つ」金子兜太さんらしい、大らかでキリリとした男らしい句。流石に名句と呼ばれる句ばかりで、好きな句に付箋をつけていたら付箋だらけになってしまいました。 …続きを読む
    キサラギ
    2013年07月30日
    16人がナイス!しています
  • 啓蟄の土著けめ蟻闘えり・永き日のにはとり柵を越えにけり・つねに一二片そのために花篝・末黒野に雨の切尖限りなし・カステラに沈むナイフや復活祭・山又山山桜又山桜・はこべらや焦土の土の色の雀ども・甘草の芽の 啓蟄の土著けめ蟻闘えり・永き日のにはとり柵を越えにけり・つねに一二片そのために花篝・末黒野に雨の切尖限りなし・カステラに沈むナイフや復活祭・山又山山桜又山桜・はこべらや焦土の土の色の雀ども・甘草の芽のとびとびのひとならび・街の上にマスト見えいる薄暑かな・人形のだらりと抱かる雲の峰・さみだれや船がおくるる電話など・頭の中で白い夏野となっている・男手の瓜揉親子三人かな・金塊のごとくバタあり冷蔵庫・降ろされて息を大きく鯉のぼり・子燕のこぼれむばかりこぼれざる・ぼうたんの百のゆるるは湯のやうに …続きを読む
    押さない
    2018年11月07日
    3人がナイス!しています
  • 俳句は渋いと思っていたが「ぼうたんの百のゆるるは湯のように 森澄雄」などの句をみれば,かくも華麗な詩となりうることを知った。鑑賞文がすばらしい。 俳句は渋いと思っていたが「ぼうたんの百のゆるるは湯のように 森澄雄」などの句をみれば,かくも華麗な詩となりうることを知った。鑑賞文がすばらしい。
    桐葉
    2017年03月27日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品