角川文庫

サマーウォーズ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784044288228
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

サマーウォーズ

  • 著者 岩井 恭平
  • 原作 細田 守
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784044288228

世界を救うのは、家族の絆!? ひと夏の戦いの目撃者に、君はなる

数学しか取り柄がない高校生の健二は、憧れの先輩・夏希に、婚約者のふりをするバイトを依頼される。一緒に向かった先輩の実家は田舎の大家族で!? 新しい家族の絆を描く熱くてやさしい夏の物語。

メディアミックス情報

NEWS

「サマーウォーズ」劇場用予告篇


「サマーウォーズ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 映画の小説化(novelize)と知らずに読んでいました。原作、細田守は、中のゲームというか、ネットワークシステムOZの構想者かと。主人公、小磯健二と先輩の篠原夏希が出かけるまでの筋書きと、回想で説明 映画の小説化(novelize)と知らずに読んでいました。原作、細田守は、中のゲームというか、ネットワークシステムOZの構想者かと。主人公、小磯健二と先輩の篠原夏希が出かけるまでの筋書きと、回想で説明がある最初の出会いも無理なく表現している。曾祖母神内栄はじめ親族の図がある。人物関係が確かめ易い。健二は栄から夏希のことを託される。システムOZの詳細が不明。著者が理工学部卒とのこと。そつ無くこなしているはず。人物の透明感もあり、さわやかな出だし。発見角川。 …続きを読む
    kaizen@名古屋de朝活読書会
    2013年10月11日
    281人がナイス!しています
  • 本帯に「最優秀アニメーション作品賞」とあったので、思わず買って、読んだがさすがに軽い。題材もアバターとかOZとか今時の設定で それなりに軽く読める。夏希の曾祖母の人物造形がよい。OZの世界と現実世界 本帯に「最優秀アニメーション作品賞」とあったので、思わず買って、読んだがさすがに軽い。題材もアバターとかOZとか今時の設定で それなりに軽く読める。夏希の曾祖母の人物造形がよい。OZの世界と現実世界との対比も 微妙。 …続きを読む
    遥かなる想い
    2010年10月09日
    164人がナイス!しています
  • この物語は、少年と少女の物語であるとともに、今や失われつつある陣内家のような大家族と、核家族化し、両親が共働きで普段あまり肉親と接する機会のない主人公健二との出会いの物語とも言えるでしょう。陣内家のよ この物語は、少年と少女の物語であるとともに、今や失われつつある陣内家のような大家族と、核家族化し、両親が共働きで普段あまり肉親と接する機会のない主人公健二との出会いの物語とも言えるでしょう。陣内家のような大家族の中に身を置くと、正直その人間関係には煩わしさを感じるだろうなと思いつつも、インターネット上の仮想世界OZが人々の生活のあらゆる部分に入り込み、世界を席捲している状況下で、生身の人と人とをつなぐネットワークのすばらしさ、自分ができることを一生懸命に行うことの大切さを感じさせる作品だと再評価しました。 …続きを読む
    マーム
    2010年11月08日
    159人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品