試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年06月30日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
388
ISBN:
9784044267124

円環少女 10 運命の螺旋

  • 著者 長谷 敏司
  • イラスト 深遊
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年06月30日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
388
ISBN:
9784044267124

メイゼルが“戦う”理由とは!? 灼熱のウィザードバトル第10弾!

メイゼルと一時の平穏を味わう仁。だがそこに死んだはずの妹、舞花が幼い姿で現れる。年下の小姑の出現にメイゼルは――!! そして、ついに明らかになる、メイゼルの過去。円環世界を貫く歴史の真実が明らかに!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「円環少女 10 運命の螺旋」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 死んだ妹を連れてきた王子護に「連合」の議長アリーセや魔法使いとの会議にメイゼルの過去、更には雷神との戦闘と密度たっぷりすぎる回。円環世界の神を殺すためだけに起きた戦争が九位と公館の争いのきっかけになっ 死んだ妹を連れてきた王子護に「連合」の議長アリーセや魔法使いとの会議にメイゼルの過去、更には雷神との戦闘と密度たっぷりすぎる回。円環世界の神を殺すためだけに起きた戦争が九位と公館の争いのきっかけになったのか。市民に力を与えた革命者であると同時に円環世界を落としたイリーズ・アリューシャ。これまでの魔導師との戦闘が霞んでしまう超大戦がすごい。被害者でもあり加害者でもあったきずなも仁と同じ位置に立ち王子護は魔法を公に見せたりと終局へ向けて一気に加速してきた。次巻も楽しみ。 …続きを読む
    まりも
    2014年08月17日
    23人がナイス!しています
  • 突如連れてこられた\幼い頃の\舞花と、回らないおすしで懐柔を図る混沌体系アリーセ。そして語られる円環体系の世界の欺瞞と、少女に被せられた罪。魔法使いの世界なのに、世界の構造を考えるロジックが豪奢なSF 突如連れてこられた\幼い頃の\舞花と、回らないおすしで懐柔を図る混沌体系アリーセ。そして語られる円環体系の世界の欺瞞と、少女に被せられた罪。魔法使いの世界なのに、世界の構造を考えるロジックが豪奢なSFっぽくて素敵♪死が待つ戦争へ赴く際、娘へ残した愛情がいいなぁ。そして、母の残したものを、全て自分自身で被り、円環世界の人々全てを愛したあの演説が、何よりすばらしい・・・。そして極限の中、遂に人を殺してしまったきずなが、先生と同じものを抱えた彼女が、何を思うのか? …続きを読む
    シュエパイ
    2013年07月10日
    14人がナイス!しています
  • 帰ってきた舞花ちゃんといい、心労が絶えない仁くんに思わず涙目…… ただ、この作品のキャラは誰も彼もが罪があり、完璧でいられない。そこに魅力があるとメイゼルの過去編から改めて感じた。 しかし、それにして 帰ってきた舞花ちゃんといい、心労が絶えない仁くんに思わず涙目…… ただ、この作品のキャラは誰も彼もが罪があり、完璧でいられない。そこに魅力があるとメイゼルの過去編から改めて感じた。 しかし、それにしてもメイゼルのお母さん。あなたはヤバすぎですよ …続きを読む
    のれん
    2018年02月16日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品