円環少女 (6)太陽がくだけるとき

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2007年10月31日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
404
ISBN:
9784044267087

円環少女 (6)太陽がくだけるとき

  • 著者 長谷 敏司
  • イラスト 深遊
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2007年10月31日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
404
ISBN:
9784044267087

仁は核の爆発を阻止できるのか!? 灼熱のウィザーズバトル最新刊!!

テロリストの凶弾に倒れたメイゼル。彼女を救うため、仁はかつての“先生”である王子護に立ち向かう。果たして、仁はテロリストの手に渡った核の爆発を防ぎ、メイゼルを救えるのか!?  緊迫の第6巻。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「円環少女 (6)太陽がくだけるとき」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 副題からして不穏。世代も立場も違う敵味方(もう誰がどっちかも判然としないが)ともに信念に基づいて闘う姿に圧倒されました。でも肝心の仁だけは『信念』が見えないんだよなあ。「助けたい」じゃなくて「助けてや 副題からして不穏。世代も立場も違う敵味方(もう誰がどっちかも判然としないが)ともに信念に基づいて闘う姿に圧倒されました。でも肝心の仁だけは『信念』が見えないんだよなあ。「助けたい」じゃなくて「助けてやりたい」というところがどうにも引っかかる。メイゼルとどういう関係になりたいのか。今回の一件が彼を変えていれば良いのだけど…。そして、学生運動に身を捧げた国城田、清水、寒川のそれぞれの想いと30年後の立場の違いに何とも切なくなる。仁を中心とした人間関係はこれからどうなっていくのか…。 …続きを読む
    芳樹
    2021年08月14日
    32人がナイス!しています
  • 核を巡った地下戦争編完結。メイゼルの命を救うために地下へと潜った仁が最終的には地下の人々の戦う。今までは不確かだった仁の感情が確かなものとして存在するようになったか。完全大系王子護との戦闘は久々のガチ 核を巡った地下戦争編完結。メイゼルの命を救うために地下へと潜った仁が最終的には地下の人々の戦う。今までは不確かだった仁の感情が確かなものとして存在するようになったか。完全大系王子護との戦闘は久々のガチバトルって感じがして盛り上がりました。時代が変わった事で立場も変わった3人といいこの作品は切ない結末を残していくんですよね。それでも仁とメイゼル達はなんとか着地できたのは良かった。王子護も一筋縄ではいかん存在だし今後どうなるんだろう。 …続きを読む
    まりも
    2014年08月15日
    30人がナイス!しています
  • 女の命を背負った男が、気おされて下がるんじゃない!と、鬼火の先生が言い放つシーンはかっこいいなぁ。後、神和さんが発言するだけど空気が緩むのは仕様ですかwそして寒川パパ、スクーター全速で降誕・・・!かつ 女の命を背負った男が、気おされて下がるんじゃない!と、鬼火の先生が言い放つシーンはかっこいいなぁ。後、神和さんが発言するだけど空気が緩むのは仕様ですかwそして寒川パパ、スクーター全速で降誕・・・!かつて戦っていた3人の、致命的に分かれた道と邂逅の結末が、まぶたの裏に残るのです。純真無垢に神を信じるリュリュと、ヨブのように打ち捨てられてなお神様を信じるエレオノールの、どちらが神意なんだろうね? さぁ、小学校の夏休み明け、人生墜落中だと生徒に指摘される先生のみらいはどっちだ(笑) …続きを読む
    シュエパイ
    2013年07月09日
    21人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品