蔵の中 短篇時代小説選

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年05月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041227664

蔵の中 短篇時代小説選

  • 著者 松本 清張
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年05月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041227664

スリルと緻密な時代背景。松本清張の時代短篇は光っている!

備前屋の主人、庄兵衛は、娘婿への相続を発表し、仕合せの中にいた。ところがその夜、店の蔵で雇人が殺される。表題作の他、「酒井の刃傷」「西蓮寺の参詣人」「七種粥」「大黒屋」の、時代小説計5編。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「蔵の中 短篇時代小説選」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 松本清張さん あまりに有名な社会派大作が多すぎて よく知らなかったのですが、江戸時代の捕物帳も書いているのですね。結構 読ませます。松本清張らしく小説はあくまでも事件を軸に展開させており、その中に江戸 松本清張さん あまりに有名な社会派大作が多すぎて よく知らなかったのですが、江戸時代の捕物帳も書いているのですね。結構 読ませます。松本清張らしく小説はあくまでも事件を軸に展開させており、その中に江戸の街の情緒を織り込んでおり、なんとも味わい深い作品の出来栄えとなっている。表題作の「蔵の中」もいいが、「七草粥」と「大黒屋」もよい。解説によれば、作品のマンネリ化を避けるべくシリーズものを書かなかったとのことで、シリーズ化していればそれなりの存在感があったのだろう。さすがは松本清張である。 …続きを読む
    シュラフ
    2014年12月24日
    15人がナイス!しています
  • 時代劇の短編集。どれも面白い。「蔵の中」というと横溝正史を思い出すけど、こっちも悪くないです。特に「大黒屋」は意外な真相でよかった。 時代劇の短編集。どれも面白い。「蔵の中」というと横溝正史を思い出すけど、こっちも悪くないです。特に「大黒屋」は意外な真相でよかった。
    Ayah Book
    2017年01月30日
    6人がナイス!しています
  • 松本清張って意識してるせいか設定は時代物ねんけど展開とかが現代風な気がした。けど嫌ではなかったです。いつの時代もこうゆう事件は起こってるんやろぉし。偽装の仕方が凝ってるけどね(笑)『酒井の刃傷』だけ違 松本清張って意識してるせいか設定は時代物ねんけど展開とかが現代風な気がした。けど嫌ではなかったです。いつの時代もこうゆう事件は起こってるんやろぉし。偽装の仕方が凝ってるけどね(笑)『酒井の刃傷』だけ違う感じで、他は岡っぴきさん活躍してました。だぁぁぁっと事実を並べてそれを解明してく。短編集やし仕方ないんかもしれんけど、それぞれ岡っぴきさんが違ったんで。まぁ。。縄張りとかあるからか。同じ親分さんの話だともっと入り込めたかなぁ。。。 …続きを読む
    あここ
    2011年02月16日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品