夜の足音 短篇時代小説選

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041227657

夜の足音 短篇時代小説選

  • 著者 松本 清張
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041227657

人間と権力。松本清張の筆が冴える傑作時代短篇。

無宿人の竜助は、岡っ引きの粂吉から奇妙な仕事を持ちかけられる。離縁になった若妻の夜の相手をしろという。表題作の他、「噂始末」「三人の留守居役」「破談変異」「廃物」「背伸び」の、時代小説計6編。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「夜の足音 短篇時代小説選」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 松本清張の昭和30年代の6本の時代短篇集。『無宿人別帳』『彩色江戸切絵図』からそれぞれ1篇ずつ。この二つは推理テイストだが、『噂始末』『破談変異』は武士道物。『廃物』は大久保彦左衛門、『背伸び』は安国 松本清張の昭和30年代の6本の時代短篇集。『無宿人別帳』『彩色江戸切絵図』からそれぞれ1篇ずつ。この二つは推理テイストだが、『噂始末』『破談変異』は武士道物。『廃物』は大久保彦左衛門、『背伸び』は安国寺恵瓊を扱った戦国物(ちょっと芥川っぽい)。松本清張の創作小説を一冊読むのは初めてなので、興味深さも相まって大変面白く読んだ。どうしても人間の心の闇みたいな暗さがあるが、それが良い。他のも読みたい。 …続きを読む
    毎日ハンドルネームを変える奇人・寺
    2014年03月09日
    26人がナイス!しています
  • 清張氏の時代小説は今回初めて読んだ。ほかの作品と同じく、市井に生きる人々が理不尽な目に遭うという点が共通している短編が多く、そういう作品のほうが活き活きしているように感じた。そして時代小説というより、 清張氏の時代小説は今回初めて読んだ。ほかの作品と同じく、市井に生きる人々が理不尽な目に遭うという点が共通している短編が多く、そういう作品のほうが活き活きしているように感じた。そして時代小説というより、ミステリ的なものを兼ね備えた筋立てになっているのがさすがというべき。面白く読んだ。 …続きを読む
    佐島楓@勉強中
    2014年01月25日
    21人がナイス!しています
  • 松本清張先生、時代ものでは初読かも。非常に味わい深い短編集で面白かったのですが、苛烈な方向にガッといくので驚きもあり、表題作とかその理由で殺しちゃうの?と思ったりしました。自分だったらどうなんだろう。 松本清張先生、時代ものでは初読かも。非常に味わい深い短編集で面白かったのですが、苛烈な方向にガッといくので驚きもあり、表題作とかその理由で殺しちゃうの?と思ったりしました。自分だったらどうなんだろう。でも騙されて酷い目にあうのでは…と、ビクビクしながら読んでいたので完全に裏切られて面白かったです。なんという激しさなのか。自分の中にはない感情が沢山つまっていて読んでいて楽しかったです。 …続きを読む
    miicha
    2017年11月23日
    17人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品