角川新書

クラウド時代と<クール革命>

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年03月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
216
ISBN:
9784047102262
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川新書

クラウド時代と<クール革命>

  • 著者 角川 歴彦
  • 監修 片方 善治
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年03月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
216
ISBN:
9784047102262

iPad、キンドルの登場で時代は激変する!

大衆と時代はどこに向かうのか?2014年にはコンテンツ大統合時代がやってくる。激動の時代を生き抜く策とは何か?現役経営者が予告する、情報産業の近未来。緊急出版!


おすすめコメント

本書は、コンテンツ産業維新のまさに「船中八策」である!
――村上憲郎氏(Google Japan名誉会長)

文明評論家としての目と、実業家として革命の嵐のただ中にいる目線の、貴重な融合。
――坂村健氏(東大大学院情報学環教授・YRPユビキタス・ネットワーキング研究所長)

「知」のグローバリゼーションの圧倒的な威力を思い知る一冊
――細田守氏(アニメ『サマーウォーズ』監督)

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「クラウド時代と<クール革命>」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ネットワーク技術の発達でもたらされる文化的大変動を予期し、日本もそれに対応すべく環境を整備して独自のソフトパワーを発信せよ、と言う提言。GoogleやAppleの解説など、Web2.0関係の本に書いて ネットワーク技術の発達でもたらされる文化的大変動を予期し、日本もそれに対応すべく環境を整備して独自のソフトパワーを発信せよ、と言う提言。GoogleやAppleの解説など、Web2.0関係の本に書いてある内容をわかりやすくまとめた感じの内容で解説本としても悪くないが、YouTubeの衝撃に対応しいち早く公認と連携の道を選んだことなど、角川会長だからこその内容も合間に挟まり読ませる。内容自体よりも、現代の日本文化産業の紛れもない大帝国である角川グループの会長がこういう認識を持っていた、と知れるのが重要だろう …続きを読む
    白義
    2015年06月30日
    11人がナイス!しています
  • 著作権などのテーマについてはクリエーター個々人の保護についてもっと言及していただきたかった。 著作権などのテーマについてはクリエーター個々人の保護についてもっと言及していただきたかった。
    佐島楓@勉強中
    2013年06月07日
    11人がナイス!しています
  • ネットというツール。 そのツールの中で可能性が拡がっている。 新しい世界を作るという可能性である。 リアルな社会を生きていくだけでなく、バーチャルの世界で情報を知り、人と繋がり、生活をする。 新し ネットというツール。 そのツールの中で可能性が拡がっている。 新しい世界を作るという可能性である。 リアルな社会を生きていくだけでなく、バーチャルの世界で情報を知り、人と繋がり、生活をする。 新しい生き方って部分までも考えさせられた一作でした。 …続きを読む
    IPAと、パイントグラス
    2013年11月11日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

角川歴彦(かどかわ・つぐひこ)

1943年東京生まれ。早稲田大学第一政経学部卒。角川グループホールディングス代表取締役会長兼CEO。内閣官房知的財産戦略本部本部員、文化庁文化審議会臨時委員(著作権分科会)、社団法人日本経済団体連合会理事、東京大学大学院特任教授、早稲田大学客員教授、東京藝術大学大学院客員教授、神戸芸術工科大学客員教授なども務める。

最近チェックした商品