試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年12月20日
判型:
B6変形判
商品形態:
コミック
ページ数:
188
ISBN:
9784047151482

涼宮ハルヒの憂鬱 (7)

  • 著者 ツガノ ガク
  • 原作 谷川 流
  • キャラクター原案 いとう のいぢ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年12月20日
判型:
B6変形判
商品形態:
コミック
ページ数:
188
ISBN:
9784047151482

なんてこった――俺はハルヒに会いたかった。

事件は「12月18日」に起きた。キョンがいつも通り登校すると、そこにハルヒの姿はなくクラスメイトの記憶からもハルヒが消え去っていた。ハルヒは一体どこに消えてしまったのか!?待望の「消失」編、スタート!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「涼宮ハルヒの憂鬱 (7)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 消失編はやはりハルヒシリーズの中でも衝撃的だな。あとは長門がゲームにはまるパソコンの指使いが好きだな。 消失編はやはりハルヒシリーズの中でも衝撃的だな。あとは長門がゲームにはまるパソコンの指使いが好きだな。
    mitei
    2010年08月27日
    48人がナイス!しています
  • コンピ研との小競り合いがあり、そして来ました『消失』編!ハルヒシリーズの中でも1番好きな話です。映画も観ました。もう1回見直そうかなぁ。長門がまるで人間のように、感情に起伏がありどこにでもいる文学少女 コンピ研との小競り合いがあり、そして来ました『消失』編!ハルヒシリーズの中でも1番好きな話です。映画も観ました。もう1回見直そうかなぁ。長門がまるで人間のように、感情に起伏がありどこにでもいる文学少女になってしまったんですよね。…なんか、長門中心でやってたアニメがあったような…? …続きを読む
    MERLI
    2018年01月18日
    4人がナイス!しています
  • 話の展開が速い気がするが、消失は消失ですなあ。もっとこのマンガ、間があったら、よい気がする。 話の展開が速い気がするが、消失は消失ですなあ。もっとこのマンガ、間があったら、よい気がする。
    epitaph3
    2013年09月27日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品