罪と罰 下

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
560
ISBN:
9784042087182

罪と罰 下

  • 著者 ドストエフスキー
  • 訳者 米川 正夫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
560
ISBN:
9784042087182

名訳で甦るドストエフスキーの代表作。

その年、ペテルブルグの夏は暑かった。大学を辞めた、ぎりぎりの貧乏暮らしの青年に郷里の家族の期待が重くのしかかる。この境遇から脱出しようと、彼はある計画を決行するが……。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「罪と罰 下」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 主人公ラスコーリニコフの心の葛藤と行動に目が離せなくなり、息もつけない展開で最後まで一気読み。不安と恐怖に駆られ良心の呵責に耐えられないラスコーリニコフは、偶然知り合った娼婦ソーニャの清らかな魂に触れ 主人公ラスコーリニコフの心の葛藤と行動に目が離せなくなり、息もつけない展開で最後まで一気読み。不安と恐怖に駆られ良心の呵責に耐えられないラスコーリニコフは、偶然知り合った娼婦ソーニャの清らかな魂に触れ、ついに自らを法の裁きに委ねる。…次々に変わる場面と個性豊かな登場人物たち。ラスコーリニコフ、スヴィドリガロイフやソーニャ、それぞれに思惑や独自の行動があり、読ませてくれる。 最後は、ラスコーリニコフはソーニャによって救われる。 登場人物の息詰まる会話、サスペンスのようなストーリー、感動的なエピソードあり。 …続きを読む
    Gotoran
    2020年08月26日
    44人がナイス!しています
  • 長かった~。何度も挫折しそうになりつつ、ところどころ話の筋を見失おうが「とにかく最後まで読む」ことを目標に、どうにか読み切った。この作品がこんなにも世界中で、そして長きに亘って「名作」とされている所以 長かった~。何度も挫折しそうになりつつ、ところどころ話の筋を見失おうが「とにかく最後まで読む」ことを目標に、どうにか読み切った。この作品がこんなにも世界中で、そして長きに亘って「名作」とされている所以はまったくわからない(そこまで読み解けていない)し、今は長かった苦しみからの解放と読み終わった達成感しかないが、難産の直後に「もう一人産みたい」と思う母のような気持ち(知らないけど)で、一生のうちもう一度くらいは読んで、次はもっと物語にどっぷり入り込んでみよう、なんてことを思っている。 …続きを読む
    Shinobi Nao
    2016年06月09日
    19人がナイス!しています
  • 「僕はおまえに頭を下げたのじゃない。僕は人類全体の苦痛の前に頭を下げたのだ」追い詰められ錯乱していく精神の果て、ラスコーリニコフは愚純なる狂信の娼婦ソーニャの姿に道を見出す。この物語の根幹を成すものは 「僕はおまえに頭を下げたのじゃない。僕は人類全体の苦痛の前に頭を下げたのだ」追い詰められ錯乱していく精神の果て、ラスコーリニコフは愚純なる狂信の娼婦ソーニャの姿に道を見出す。この物語の根幹を成すものは『信仰』だと思う。富であれ貧であれ人間はただの人間としてしか存在し得ない。そこで初めて罪と罰が問われるのではないだろうか。深遠な一大巨編であり一級のサスペンスでもあり、緻密な心理描写に息をのむ、本当に面白い小説だった。スヴィドリガイロフの最期など個人的に不明瞭な部分も多いため、いずれ別の訳でも読んでみたい。 …続きを読む
    東京湾
    2019年09月22日
    16人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品