罪と罰 下

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
560
ISBN:
9784042087182

罪と罰 下

  • 著者 ドストエフスキー
  • 訳者 米川 正夫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
560
ISBN:
9784042087182

名訳で甦るドストエフスキーの代表作。

その年、ペテルブルグの夏は暑かった。大学を辞めた、ぎりぎりの貧乏暮らしの青年に郷里の家族の期待が重くのしかかる。この境遇から脱出しようと、彼はある計画を決行するが……。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「罪と罰 下」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 長かった~。何度も挫折しそうになりつつ、ところどころ話の筋を見失おうが「とにかく最後まで読む」ことを目標に、どうにか読み切った。この作品がこんなにも世界中で、そして長きに亘って「名作」とされている所以 長かった~。何度も挫折しそうになりつつ、ところどころ話の筋を見失おうが「とにかく最後まで読む」ことを目標に、どうにか読み切った。この作品がこんなにも世界中で、そして長きに亘って「名作」とされている所以はまったくわからない(そこまで読み解けていない)し、今は長かった苦しみからの解放と読み終わった達成感しかないが、難産の直後に「もう一人産みたい」と思う母のような気持ち(知らないけど)で、一生のうちもう一度くらいは読んで、次はもっと物語にどっぷり入り込んでみよう、なんてことを思っている。 …続きを読む
    Shinobi Nao
    2016年06月09日
    17人がナイス!しています
  • 上巻で一時挫折していましたが、機の熟しを感じたので、下巻拝読。登場人物一人一人の造形が詳細で且つ濃密で、大変苦労しました。持論ですが、物語を紡ぐ事は自身の心の中を晒す行為だと考えます。著者の人生の記憶 上巻で一時挫折していましたが、機の熟しを感じたので、下巻拝読。登場人物一人一人の造形が詳細で且つ濃密で、大変苦労しました。持論ですが、物語を紡ぐ事は自身の心の中を晒す行為だと考えます。著者の人生の記憶を垣間見た思いです。人は罪に生かされ、罰に救われるのでしょうね…その形は人それぞれですが。 …続きを読む
    道 老子
    2012年01月10日
    12人がナイス!しています
  • 上巻はチビチビと舐めるように読み進め、下巻は淀みなく一気呵成に読破した。おもしろかった。作品を執筆した時期が江戸時代の末期というから驚いてしまう。つづけて、プーシキンの『スペードの女王』を読めば、この 上巻はチビチビと舐めるように読み進め、下巻は淀みなく一気呵成に読破した。おもしろかった。作品を執筆した時期が江戸時代の末期というから驚いてしまう。つづけて、プーシキンの『スペードの女王』を読めば、この作品との共通項がうかがえますよー。 …続きを読む
    sashi_mono
    2018年07月09日
    11人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品