罪と罰 上

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
512
ISBN:
9784042087175

罪と罰 上

  • 著者 ドストエフスキー
  • 訳者 米川 正夫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
512
ISBN:
9784042087175

名訳で甦る、ドストエフスキーの代表作。

その年、ペテルブルグの夏は暑かった。大学を辞めた、ぎりぎりの貧乏暮らしの青年に郷里の家族の期待が重くのしかかる。この境遇から脱出しようと、彼はある計画を決行するが……。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「罪と罰 上」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 19世紀、酷暑のペテルブルグの片隅で、多額の債務を抱え、戸棚のような小部屋で鬱々と暮らす、頭脳明晰な元学生ラスコーリニコフ(主人公)。ある夕暮れ時、「非凡人は凡人の法律や道徳を踏み越えてもいい」という 19世紀、酷暑のペテルブルグの片隅で、多額の債務を抱え、戸棚のような小部屋で鬱々と暮らす、頭脳明晰な元学生ラスコーリニコフ(主人公)。ある夕暮れ時、「非凡人は凡人の法律や道徳を踏み越えてもいい」という独りよがりの理論で、高利貸しの老婆を斧で殺害、ただ、偶然来合わせたその妹まで札がしてしまう。そのことが主人公の心に重く圧し掛かる。…上巻では、老婆殺害を決意するまでの主人公の心の揺れ動き、老婆殺害場面がリアルに描かれる。暗く鬱々とした主人公の圧迫感や鼓動を窺い知ることができた。 …続きを読む
    Gotoran
    2020年07月11日
    58人がナイス!しています
  • 『罪と罰を読まない』を読んだら俄然やる気が出て再挑戦。何しろ憶えにくい、故に挫折につながる長い人物名を、ラスコ、マメ父、修造、と『罪と罰を~』のみなさんがつけたあだ名を採用し、時に数頁にわたる長台詞で 『罪と罰を読まない』を読んだら俄然やる気が出て再挑戦。何しろ憶えにくい、故に挫折につながる長い人物名を、ラスコ、マメ父、修造、と『罪と罰を~』のみなさんがつけたあだ名を採用し、時に数頁にわたる長台詞で「この人誰だっけ?何を長々と語っているんだったっけ?」と見失いそうになっても深刻にならずとにかく前進して何とか読了。一カ月くらいかかってしまったけど、しをんさんが主人公を「イケメンだけどしょうもない奴」扱いしていたことが頭から離れず、悲劇というより喜劇を読んでいるように楽しく読みました。この調子で下巻へ! …続きを読む
    Shinobi Nao
    2016年05月24日
    19人がナイス!しています
  • 「たった一つの生命のために、数千の生命が堕落と腐敗から救われるんだぜ。一つの死が百の生に変わるんだ―」貧窮する青年ラスコーリニコフは、己の論理に則り高利貸しの老婆を殺害するが、彼の神経はやがて著しく摩 「たった一つの生命のために、数千の生命が堕落と腐敗から救われるんだぜ。一つの死が百の生に変わるんだ―」貧窮する青年ラスコーリニコフは、己の論理に則り高利貸しの老婆を殺害するが、彼の神経はやがて著しく摩耗していく。人間をただの素材に過ぎない『凡人』と才能を有しあらゆる権利を許される『非凡人』に二分する思想、これがラスコーリニコフを理解するにあたり核となる。殺人者の心理に恐ろしい程肉薄し、その錯綜が家族や友人を巻き込むことでより細密に描かれていた。意識の流れを巧みに抽出した文学であり、濃厚な心理小説でもある。 …続きを読む
    東京湾
    2019年09月19日
    18人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品