カポネ 下

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年01月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784042365051

カポネ 下

  • 著者 佐藤 賢一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年01月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784042365051

勃興するアメリカ社会の光と影

暗黒街の帝王として君臨していたアル・カポネに、FBIをはじめ国家権力が迫っていた。後に「アンタッチャブル」として有名になった禁酒局特別捜査官エリオット・ネスはショットガンを片手にカポネに肉薄し……。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「カポネ 下」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 上巻はカポネがのしあがるまでの過程。下巻はエリオット・ネスが落ちぶれていくまでの過程を描いたもの。どちらも魅力が感じられなくとてもつまらなく漸く読み終えた次第。 つまらない中にも面白かった箇所を無理に 上巻はカポネがのしあがるまでの過程。下巻はエリオット・ネスが落ちぶれていくまでの過程を描いたもの。どちらも魅力が感じられなくとてもつまらなく漸く読み終えた次第。 つまらない中にも面白かった箇所を無理にも上げるならば、あまり他では取り上げられない、ネスの落ちぶれた晩年。最後の解説の一行目にある「なにゆえカポネなのだ?」。読み終えた後にこちらが作者に問いたい。「なにゆえカポネなのだ?」 …続きを読む
    Dai(ダイ)
    2017年09月27日
    17人がナイス!しています
  • カポネではなく禁酒法捜査官エリオット・ネスを中心に据えた話。正直カポネとは役者が違う。道化にしかみえないエリオットと自身もアウトローのようになっていく様、しかし最終的に「アンタッチャブルズ」として書籍 カポネではなく禁酒法捜査官エリオット・ネスを中心に据えた話。正直カポネとは役者が違う。道化にしかみえないエリオットと自身もアウトローのようになっていく様、しかし最終的に「アンタッチャブルズ」として書籍や映画など作品の中で有名になるのは少し複雑な気分。 …続きを読む
    shimaosa
    2014年03月21日
    12人がナイス!しています
  • 下巻はアル・カポネではなく、彼の好敵手であると言われる”アンタッチャブル”ことエリオット・ネスの物語。ネスの自尊心と自惚れが前面に出ていて、個性が面白いが、晩年のカポネの方が見ていたかった。カポネが何 下巻はアル・カポネではなく、彼の好敵手であると言われる”アンタッチャブル”ことエリオット・ネスの物語。ネスの自尊心と自惚れが前面に出ていて、個性が面白いが、晩年のカポネの方が見ていたかった。カポネが何を思ったのか。彼が作り上げた世界は裏の帝国ではあるが、そこには平安と希望はあったのだと信じたい。 …続きを読む
    ヨクト
    2017年10月28日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品