インスタント沼

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年04月24日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
368
ISBN:
9784048739429

インスタント沼

  • 著者 三木 聡
  • カバーイラスト 逆柱 いみり
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年04月24日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
368
ISBN:
9784048739429

何だか笑える! 監督自らの手で書き下ろした『インスタント沼』小説版!

恋も仕事もうまくいかないジリ貧OL・ハナメが、実の父かもしれないと会いに行った男は、骨董屋を営むとてつもなくヘンなオヤジだった。しかも、謎の蔵の鍵を100万円でハナメに売りつけ居なくなった!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「インスタント沼」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 映画監督さんだったのか、この作者さん❗文章が面白いしテンポも良くてグイグイ読んでいきました✨めちゃくちゃ面白かったなぁ、映画もみたい‼️逆に映画で見たことのある「図鑑に載ってない虫」は、改めて本で読ん 映画監督さんだったのか、この作者さん❗文章が面白いしテンポも良くてグイグイ読んでいきました✨めちゃくちゃ面白かったなぁ、映画もみたい‼️逆に映画で見たことのある「図鑑に載ってない虫」は、改めて本で読んでみたいです🎶 …続きを読む
    ちょん
    2019年09月14日
    14人がナイス!しています
  • 映画版が好きで好きで、一時期は三ヶ月にいっぺんペースで見てました。仕事がうまく行かず果ては失い、河童を釣りに行った沼で溺れて母重体。ペットのウサギは迷子になり、父親とは血が繋がらないことが発覚、と、沈 映画版が好きで好きで、一時期は三ヶ月にいっぺんペースで見てました。仕事がうまく行かず果ては失い、河童を釣りに行った沼で溺れて母重体。ペットのウサギは迷子になり、父親とは血が繋がらないことが発覚、と、沈丁花ハナメはジリ貧だった。生き別れた父とのあまり嬉しくない再会があり、よくわからないツタンカーメンの占いマシーンを探したり、沈丁花家に代々伝わるお宝(謎の土砂)を百万円で買ったり、子ネタと展開もりだくさん。水道の蛇口を全開にしたまま近所の中華料理屋に昼食をたべにゆくシーンにはいつも、手に汗握らされる。大好き。 …続きを読む
    すぎの
    2014年02月09日
    4人がナイス!しています
  • なんだろう?このヘンテコな話は・・・。妄想と現実との境目があやふやで、迷う。ガス君とツタンカーメンの占いマシーンが妙に魅力的だった。 なんだろう?このヘンテコな話は・・・。妄想と現実との境目があやふやで、迷う。ガス君とツタンカーメンの占いマシーンが妙に魅力的だった。
    うみろー
    2012年07月26日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品