バッカーノ!1931 The Grand Punk Railroad(2)

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年04月26日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
226
雑誌コード:
4906007
ISBN:
9784048670487

バッカーノ!1931 The Grand Punk Railroad(2)

  • 原作 成田 良悟
  • 作画 吟遊 詩人
  • キャラクターデザイン エナミ カツミ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年04月26日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
226
雑誌コード:
4906007
ISBN:
9784048670487

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「バッカーノ!1931 The Grand Punk Railroad(2)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 再読。ラッドが異様に若々しい。 再読。ラッドが異様に若々しい。
    佳蘋(よし)
    2012年11月25日
    2人がナイス!しています
  • ☆0 夢オチ? 無理矢理終わらせた感じ。もっと書く時間もらえると良かったのにね ☆0 夢オチ? 無理矢理終わらせた感じ。もっと書く時間もらえると良かったのにね
    みっちー
    2011年06月27日
    0人がナイス!しています
  • 元々バッカーノファンで、この作品アニメ化に合わせた凡庸なコミカライズだと思っていた。少なくとも1巻の段階では、その域を出ていなかったように思う。が、そこはさすが成田亮悟、ただでは終わらせなかった!予想 元々バッカーノファンで、この作品アニメ化に合わせた凡庸なコミカライズだと思っていた。少なくとも1巻の段階では、その域を出ていなかったように思う。が、そこはさすが成田亮悟、ただでは終わらせなかった!予想外の展開で、ファンであれば読んで損はない作品になっている。一方で、この作品からバッカーノの世界に入るようには作られていない。原作もしくはアニメ版をに触れてから読むことをオススメする。 …続きを読む
    阿呆鳥
    2010年02月22日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品