桃の向こう

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年09月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784048738828

桃の向こう

  • 著者 平山 瑞穂
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年09月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784048738828

バブル後の失われた10年を駆け抜けた、男子2×女子1の感動青春ドラマ!

バブルのはじけた不況の中、みんな自分を探していた。頭でっかちで不器用な来栖と金持ちのぼんぼんの多々良。正反対の二人と奇妙に繋がる煌子。3人が駆け抜けた失われた10年の愛と捻れた友情を描く傑作青春小説!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「桃の向こう」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 90年代大学生だった彼らの人生物語。現実と重なり好みのテイストだった。大学時代恋愛は「制度」だと考え、思慮深く気難しかった来栖は、大人になって本当の恋愛を知り、全体的に角が丸くなった。迷いなく物事にこ 90年代大学生だった彼らの人生物語。現実と重なり好みのテイストだった。大学時代恋愛は「制度」だと考え、思慮深く気難しかった来栖は、大人になって本当の恋愛を知り、全体的に角が丸くなった。迷いなく物事にこだわらずいろんな女子と付き合っていた多々良は、素敵な妻と結婚する。学生時代そんなに仲良くなかった二人だが、社会に出てから、家出した多々良の妹が来栖の彼女の家に訪ねてきたり、何の接点もなさそうな大学の友人の結婚式で再会したり…思わぬところで人の縁が繋がっていて、様々な人との出会いで性格や人生が変わるのだと実感。 …続きを読む
    ひめか*
    2017年10月15日
    25人がナイス!しています
  • 青春時代を共にした3人の同級生のその後に焦点をあてていて、結構のめり込んで読めちゃいます。あの頃はあんなに青臭いことを言ってたんだなとか、昔の自分見てるようで恥ずかしかったです。煌子は結局どこに? 青春時代を共にした3人の同級生のその後に焦点をあてていて、結構のめり込んで読めちゃいます。あの頃はあんなに青臭いことを言ってたんだなとか、昔の自分見てるようで恥ずかしかったです。煌子は結局どこに?
    mazda
    2017年10月31日
    20人がナイス!しています
  • 1990年代後半からの失われた10年(実際はさらに10年以上が失われたけれど)を大学生から駆け抜けた、2人の男のはなし。帯には男男女の3人の青春純情小説とあるけれど、基本主人公は男。僕よりも5年くらい 1990年代後半からの失われた10年(実際はさらに10年以上が失われたけれど)を大学生から駆け抜けた、2人の男のはなし。帯には男男女の3人の青春純情小説とあるけれど、基本主人公は男。僕よりも5年くらい年上の主人公たちだが、時代の雰囲気はなんとなく掴めていたから、あのころを思い出しながら読んだ。正反対な性質の男たちが、あの時代に流されながら、各々の結論をつかんでいく。そして不思議な縁がお互いをゆるやかに結ぶ。あの失われた20年の空気感は現在の土台。40歳未満なら、きっと何かを想うはず。 …続きを読む
    2015年07月08日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品