神と野獣の日

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041227626

神と野獣の日

  • 著者 松本 清張
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041227626

あと43分で日本が滅亡する!

「重大事態発生」。官邸の総理大臣に、防衛省統幕議長がうわずった声で伝えた。Z国から東京に向かって誤射された核弾頭ミサイル5個。到着まで、あと43分! SFに初めて挑戦した松本清張の異色長編。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「神と野獣の日」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 松本清張のSFカルト小説。Z国からの5基の核ミサイルの誤射。わずか1時間ちょっとで東京に到着。壊滅的な状況を知り逃げ込んだり暴力的になる国民。悟りを開き死を待つ人間等。作中はミサイルが到着するまでの間 松本清張のSFカルト小説。Z国からの5基の核ミサイルの誤射。わずか1時間ちょっとで東京に到着。壊滅的な状況を知り逃げ込んだり暴力的になる国民。悟りを開き死を待つ人間等。作中はミサイルが到着するまでの間のパニック状況、逃げ惑う姿が描かれているだけであるが原子的行動をとる人間の姿が克明に表れている。米国大統領の空々しい哀悼のメッセージやこの場に及んでも政治的な折り合いを考える首相の姿に呆れたが平和ボケを戒める意味では良い刺激になった小説と思う。どうせならば不発弾のみでなく残りの1基の行方も描いてほしかった。 …続きを読む
    テディ
    2016年02月09日
    37人がナイス!しています
  • 松本清張、こんなのも書いてたのか。核ミサイルが飛来する43分前の東京が舞台のSFパニック小説、って筒井康隆の本かと思った(読んでる最中も)。社会が、理性が、抑制が、あっという間に瓦解する。人生の残り時 松本清張、こんなのも書いてたのか。核ミサイルが飛来する43分前の東京が舞台のSFパニック小説、って筒井康隆の本かと思った(読んでる最中も)。社会が、理性が、抑制が、あっという間に瓦解する。人生の残り時間があと1時間もないと突然知ったら。しかもその理由が友好国から誤射された核ミサイルという、なんともやるせないものだったら。そんな喫緊の事態において、人はなにを思いどう行動するか。置かれた立場や環境による違い、そしていわゆる群衆心理など、パニック下を想定した清張版・思考実験の作品であります。 …続きを読む
    Tui
    2016年02月24日
    18人がナイス!しています
  • Z国から東京に向かって誤射された5メガトンの核弾頭ミサイル5基。東京到達まで1時間。もちろん迎撃もするが5基すべてを撃ち落とすことは不可能。避けられない事実として総理大臣は記者会見を決行。会見場の記者 Z国から東京に向かって誤射された5メガトンの核弾頭ミサイル5基。東京到達まで1時間。もちろん迎撃もするが5基すべてを撃ち落とすことは不可能。避けられない事実として総理大臣は記者会見を決行。会見場の記者は自社に連絡もせず自分が真っ先に逃げ出した。ここから始まるパニックを描いた小説である。とにかく戦争ではないので逃げるのみ。帰宅ラッシュが始まるが電車運転手だって警察官だって早く逃げたい。これからどうなる…刑務所や病院、デパ地下は…清張さんが50年以上前にこんな作品を書いていたとは。ただただ驚きながら読んだ→ …続きを読む
    shohji
    2017年09月29日
    16人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品