グーグーだって猫である(5)

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年02月25日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
128
ISBN:
9784048544733

グーグーだって猫である(5)

  • 著者 大島 弓子
  • デザイン 羽良多 平吉
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年02月25日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
128
ISBN:
9784048544733

今回は、子猫がいっぱい!

ちょびひげが物置小屋で7匹の子猫を産んだ。そ~っと覗くと……瞼が腫れあがってる! 迷ったけれど、捕獲して育てることになったオオシマさん。でも今回の子育ては想像以上に大変!
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「グーグーだって猫である(5)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • シリーズ5巻になると飼っている猫よりも野良猫の保護や野良猫が産んだ子猫の世話まで一気に引き受ける著者!そして、まさかの犬まで引き取るとは…猫は散歩しなくても良いけど犬は1日2回の散歩でかなりの重労働ら シリーズ5巻になると飼っている猫よりも野良猫の保護や野良猫が産んだ子猫の世話まで一気に引き受ける著者!そして、まさかの犬まで引き取るとは…猫は散歩しなくても良いけど犬は1日2回の散歩でかなりの重労働らしく、また違う所に引き取って貰ったらしい。14匹も猫を飼っているって…犬よりも猫の方が飼いやすいっていうけど、この本を読むと猫も色々大変ですね。目が開いてない子猫の世話も可愛いけど大変ですね。哺乳よりも排泄が大変だとわかります。 …続きを読む
    AKIKO-WILL
    2016年12月06日
    37人がナイス!しています
  • 今さらながら、このシリーズがエッセイ漫画であるという事実に打ちのめされる。飼い猫や野良猫との交流の日々を綴っただけのこの漫画に、しかしここまで魅力を感じ、幸福感を覚え、癒され、ときにはせつなく、胸が締 今さらながら、このシリーズがエッセイ漫画であるという事実に打ちのめされる。飼い猫や野良猫との交流の日々を綴っただけのこの漫画に、しかしここまで魅力を感じ、幸福感を覚え、癒され、ときにはせつなく、胸が締め付けられ、やがて深い感動に包まれるのはなぜだろう。それは、本当の愛情を知ったとき、本当に大切な存在を感じたとき、この平凡な日常が輝きに満ちた世界へと変貌することを、たかが猫との日々から、されど私達が確かに受け取っているからに違いない。 …続きを読む
    ぐうぐう
    2010年03月01日
    15人がナイス!しています
  • グーグーの登場が少なくなってきているのが、グーグーファンとしては淋しい。次から次へと新キャラ(猫の)が増えているからしょうがないのかな(;_;) 飼い猫たちを外に出したり、野良やタヌキにまでゴハンをあ グーグーの登場が少なくなってきているのが、グーグーファンとしては淋しい。次から次へと新キャラ(猫の)が増えているからしょうがないのかな(;_;) 飼い猫たちを外に出したり、野良やタヌキにまでゴハンをあげていれば避けられないであろうご近所問題。どちらも気持ちよく過ごすにはやはり配慮は必要だよね…。 …続きを読む
    *asami*
    2015年03月08日
    12人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品