角川新書

逆接の民主主義 ――格闘する思想

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年04月09日
判型:
B6変形判
商品形態:
新書
ページ数:
240
ISBN:
9784047101302
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト

角川新書

逆接の民主主義 ――格闘する思想

  • 著者 大澤 真幸
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年04月09日
判型:
B6変形判
商品形態:
新書
ページ数:
240
ISBN:
9784047101302

未来を諦めるな! グローバリゼーションと対峙する「新しきユートピア」

止まらない貧困と暴力の連鎖……グローバリゼーションは地獄へと進み続けている。本当にこの道しかないのか? 断じて違う! 気鋭の社会学者が北朝鮮や歴史認識問題の解決策を示し、「新しい共同体」を示す!!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「逆接の民主主義 ――格闘する思想」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 大澤真幸の本としては特別秀逸ってわけじゃないけど、やっぱり倫理学、歴史哲学的な考察と現代社会解読の手際はすごい。他者は何か、可能性と創造的な研究の関係とかアクロバットで鋭い論考が随所にある。これが雑誌 大澤真幸の本としては特別秀逸ってわけじゃないけど、やっぱり倫理学、歴史哲学的な考察と現代社会解読の手際はすごい。他者は何か、可能性と創造的な研究の関係とかアクロバットで鋭い論考が随所にある。これが雑誌への時評として書かれたと考えると、現実政治の根っこの抽象的な部分を考える力は確かに偉いものだ。でも、その洞察から導かれる提案は、北朝鮮の民主化や自衛隊の改変にしろ交響体の公共圏にしろ正しくてオルタナティブなんだけど役に立たない。実効性がない。大澤さんの長所と欠点、両方がはっきり出た本だ …続きを読む
    白義
    2011年08月27日
    9人がナイス!しています
  • ここに書かれているやり方は、個人の道徳意識としては相応しいが、国家のなすべきこととして提示するにはやはり現実性に欠ける。それは端的に間違っているのだ。私的な理想と、公的な理想は違う。そして大澤理論は優 ここに書かれているやり方は、個人の道徳意識としては相応しいが、国家のなすべきこととして提示するにはやはり現実性に欠ける。それは端的に間違っているのだ。私的な理想と、公的な理想は違う。そして大澤理論は優れているが、それゆえに公的には使えない。そのことを確認するためにも重要な著作。 …続きを読む
    freebird
    2008年06月12日
    3人がナイス!しています
  • 4章からは面白かったが、具体的に解決策が現実的ではないというのはそのとおりだと思う。ただし、誰も理想を語らない世の中でユートピアを志向するというのはひとつ重要な立ち位置なんではないだろうか。 4章からは面白かったが、具体的に解決策が現実的ではないというのはそのとおりだと思う。ただし、誰も理想を語らない世の中でユートピアを志向するというのはひとつ重要な立ち位置なんではないだろうか。
    サクマ
    2010年06月07日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品