だまされることの責任

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784043775071

だまされることの責任

  • 著者 佐高 信
  • 著者 魚住 昭
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784043775071

だまされること自体がすでにひとつの悪である

思考力や判断力を失い「だまされた」ことに無自覚な日本人の国民性を批判した映画監督・伊丹万作の言葉もとに、日本を代表する「闘う」言論人2人が現代社会の行方を探求。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「だまされることの責任」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • メディアや政府に対する不信感を持って批判するのはいいけれども。また平和が大事というのも痛いほどよくわかるけれども、絶対的平和主義が問題解決の機会を逃し、事を深刻化したのも歴史を見て明らか。また批判の仕 メディアや政府に対する不信感を持って批判するのはいいけれども。また平和が大事というのも痛いほどよくわかるけれども、絶対的平和主義が問題解決の機会を逃し、事を深刻化したのも歴史を見て明らか。また批判の仕方が人の生まれたちから語るというのはそうなのかもしれないがあくまでその人の言っている内容に批判を留めるべきではないかと感じた。 …続きを読む
    さきん
    2018年04月01日
    22人がナイス!しています
  • 1946年「映画春秋」誌に発表された伊丹万作の小文「戦争責任者の問題」は、戦前・戦中の戦争責任について、総懺悔あるいは総被害者・特定の人物への責任転嫁ではなく、誰が騙し騙されたとは別次元で騙されたこと 1946年「映画春秋」誌に発表された伊丹万作の小文「戦争責任者の問題」は、戦前・戦中の戦争責任について、総懺悔あるいは総被害者・特定の人物への責任転嫁ではなく、誰が騙し騙されたとは別次元で騙されたことへの責任が各人にあり、その認識がなければ再び騙されて同じ過ちを犯すだろうという見解になっています。佐高信・魚住昭両氏はこの伊丹万作が言う考え方の欠如が現代にまで続いているという認識になるわけですね。 …続きを読む
    bittersweet symphony
    2008年06月09日
    1人がナイス!しています
  • 冒頭にある伊丹万作の言葉が平和を考えるうえでとても重要だと思います。 冒頭にある伊丹万作の言葉が平和を考えるうえでとても重要だと思います。
    おたま
    2010年02月04日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品