山口雅也の本格ミステリ・アンソロジー

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2007年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784043455034

山口雅也の本格ミステリ・アンソロジー

  • 著者 山口 雅也
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2007年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784043455034

ミステリファン必読! 山口雅也の待望の初アンソロジー!

本格ミステリ作家・山口雅也の待望の初アンソロジー。中学生の頃から読みあさったミステリの中から、選びに選んだ古今の傑作ばかりを厳選収録。ミステリファン必携の1冊!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「山口雅也の本格ミステリ・アンソロジー」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • リドル・ストーリーは結末が知りたくなるが良いな(笑)『謎のカード』が良かったですね。『女か虎か』は他の短編集でも読んだけどこれも良いな。しかし色んな短編が楽しめるけど全部が良いってことではないな。山口 リドル・ストーリーは結末が知りたくなるが良いな(笑)『謎のカード』が良かったですね。『女か虎か』は他の短編集でも読んだけどこれも良いな。しかし色んな短編が楽しめるけど全部が良いってことではないな。山口雅也は作品もあまり合わないし好みが違うんだろうな~。 …続きを読む
    ホームズ
    2012年07月24日
    16人がナイス!しています
  • 北村薫・有栖川有栖の「本格ミステリ・ライブラリー」が面白かったので。続きのようなものがあるというのを知らなかった状態で図書館にてこれを見つけて、小躍りして借りてきました。ほんと、編者によって全然カラー 北村薫・有栖川有栖の「本格ミステリ・ライブラリー」が面白かったので。続きのようなものがあるというのを知らなかった状態で図書館にてこれを見つけて、小躍りして借りてきました。ほんと、編者によって全然カラーが違うので面白いです。そして恒例(?)のこれは知らないでしょうなコーナーの、大学時代のミス研仲間の作品なんてのが地味に一番楽しみだったりする(笑)。「法月綸太郎の本格ミステリ・アンソロジー」もあるようなので読むのが楽しみです。 …続きを読む
    エチゴヤ
    2014年06月05日
    6人がナイス!しています
  • ミステリ作家山口雅也がテーマごとに国内外の秀作(小説のみならず漫画も)を集めたアンソロジー!意外な謎と意外な解決の饗宴ではジェイムズ・パウエル「道化の町」に始まる意外な舞台設定と意外な解決が、「謎リド ミステリ作家山口雅也がテーマごとに国内外の秀作(小説のみならず漫画も)を集めたアンソロジー!意外な謎と意外な解決の饗宴ではジェイムズ・パウエル「道化の町」に始まる意外な舞台設定と意外な解決が、「謎リドル小説ストーリーの饗宴」では「女と虎か」に始まる答えが描かれない物語を、幻の作家たちの競演では宮原龍雄「新納の棺」で盲点を突くトリックが、密室の競演ではスティーブン・バーと土屋隆夫が「最後の密室」に、未来の密室ではアシモフ、バラードがSF的な観点から密室に挑戦している。様々な趣向が楽しめるお得な1冊だ。 …続きを読む
    ジャム
    2017年03月07日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品