日本殺人事件

1995年 第48回 日本推理作家協会賞

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1998年05月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784043455010

1995年 第48回 日本推理作家協会賞

日本殺人事件

  • 著者 山口 雅也
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1998年05月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784043455010

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「日本殺人事件」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • トウキョー・サムその1。連作短編集。山口さんらしい翻訳風の作品で、その世界感もとてもイイ。 トウキョー・サムその1。連作短編集。山口さんらしい翻訳風の作品で、その世界感もとてもイイ。
    ダイ@2019.11.2~一時休止
    2013年11月03日
    43人がナイス!しています
  • 17、8年ぶりの再読。日本通を自認するアメリカ人による、誤解と誇張に満ちた小説を山口氏が翻訳したという体裁をとっていて、小林信彦氏の「ちはやふる奥の細道」と同じ趣向の小説です。「生ける屍の死」と同様に 17、8年ぶりの再読。日本通を自認するアメリカ人による、誤解と誇張に満ちた小説を山口氏が翻訳したという体裁をとっていて、小林信彦氏の「ちはやふる奥の細道」と同じ趣向の小説です。「生ける屍の死」と同様に、その超現実的な世界を独特の価値観が支配するパラレルワールドとして設定し、そこでのみ通用する「論理」を緻密に構築する力業に脱帽です。日本推理作家協会賞を受賞していますが、かなり好き嫌いがはっきり別れる作品だと思います。「ホワイ・ダニット(なぜそうしたか?)」のお好きな方ならお口にあうかも。私は堪能しました。 …続きを読む
    ばりぼー
    2013年10月08日
    35人がナイス!しています
  • 日本を舞台にして外国人が書いたミステリ短編集を山口雅也が翻訳した、という設定の作品。ただこの日本というのが、いかにも日本のことを全く知らない外国人の日本観丸出しで、東京がメジャーな苗字だったりするし、 日本を舞台にして外国人が書いたミステリ短編集を山口雅也が翻訳した、という設定の作品。ただこの日本というのが、いかにも日本のことを全く知らない外国人の日本観丸出しで、東京がメジャーな苗字だったりするし、忍者がいたりするし、何とも奇妙な世界を創り上げている。「切腹」「茶道」「廓」をそれぞれテーマにした短編が、この独特の世界ならではの事件と解決を見せるのが非常に面白い。ベストは「不思議の国のアリンス」見立て殺人に切断と本格のエッセンスが詰まった傑作。山口作品は初読だけどすごく楽しめた。 …続きを読む
    調布ヶ丘ダンスダンスレボリューション
    2017年03月20日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品